スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョブ専用装備

召喚士と学者のアーティファクト(AF)と呼ばれるジョブ専用装備を入手しました!
ちなみにAFというのはFF11での同等装備の呼称から来ているのだそうです
で、このAFですが、身も蓋もない話オープニングに出てきた装備ですw
まあゲーム慣れしてる方はAFの存在を知らなくてもオープニングの時点でそれっぽい装備だろうと思いましたよね?
あれはどう見ても過去か未来の自分の姿で、クライマックスのシーンに重なるフラグでしたから
私も「ああ、この装備が現状の最終装備の1つか」と思ったものです
映画で言えば主人公がフラッシュバックやデジャビュで見る映像ですね
鉄板中の鉄板 (`・ω・´)キリッ
ああ…
なんてスレた見方しかできなくなったんだ、私達は
ピュアな心(笑)は何処に置いてきてしまったの?
全ては「俺、この戦争が終わったら結婚するんです」というセリフのせいですねw
アレのせいで人は「これは○○のフラグ」とか考えちゃうようになったんです、多分
なんて罪深きセリフ

「閑話休題」

召喚AF

こちらが召喚士のAF
正直、中二病的デザインに感じて好きになれません
何でツノ生やしてるんですかね
ペットに指示を伝えやすくするアンテナ?
召喚士の服というと、どこか陰陽師っぽい和服を連想するのは最初のネトゲが信長の野望Onlineだったからか、FF10のユウナのイメージか…

学者AF1

で、こっちが学者のAFです
とある事情で等身が低いキャラ様にデザインされているせいか、ルガティン♀には似合わないこと甚だしいですね
なお、帽子のおまけのメガネは「/visor」というコマンドで非表示に出来ます

学者AF2

そういえば巴術士スタートの場合、オープニングで見るのは召喚士のAFなので学者のだけは唯一オープニングで見られないんですね…
学者を選んだ人だけがフラグに打ち勝ったわけですな(まだ引っ張るか)

このAFなんですが、胴装備以外はレベル45で、外見上一番目立つ胴装備はレベル50で入手できるようになります
フラグ云々はともかく、明らかにメインクエスト終盤を乗り切れるように用意されている装備です
当然メインクエストをクリアするのに十分以上のスペックですし、クリア後に「その先の装備」を取りに行くのにも必要です
これまで基本的にチョロかったメインクエストですが、終盤ともなると流石に難しくなって来ます
また、8人PTのクエストは待ち時間がかなり長くなりがちな上に、制限時間2時間の長丁場のものまであります
自分自身、そしてPTメンバーのためにも1発クリアできるようAFで臨むべきでしょう
入手できるレベルになったらジョブクエストを発行するNPCにAF入手のクエストが発生しますので、直ぐに入手しておく事を強く推奨します
なお、レベル50で胴装備を貰うまではグランドカンパニー装備のレベル44胴装備がオススメですよ

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

召喚士と学者

一般的なMMORPGではクラスとジョブは同義ですが、FF14の場合は別なものです
例えば巴術士は「クラス」であり、巴術士から派生する「ジョブ」が召喚士と学者になります
ジョブは概ね上位クラスと考えて良いのですが、純然たる上位互換ではなく特化形態といった感じですね
クラスと同様に戦闘中やID中などの例外を除いて簡単に切り替えることができ、レベルは派生元のベースクラスと共通、装備もジョブ専用装備のような例外を除いてベースクラスと共通です
個人的にはジョブというより巴術士(汎用モード)、巴術士(召喚士モード)、巴術士(学者モード)とでもいった方が分かり良い気もします
前述したようにジョブは単純な上位互換ではなく、クラス(レベル50で10個)の半分の数のアディショナルスキルしか使えず、召喚士だと呪術士と弓術士のスキルしか使えないといった感じで使えるクラスが制限されます
つまり巴術士では使えていた幻術士のプロテスやエアロが召喚士だと使えなくなるんですね
その代わりに召喚士でしか使えないスキル、例えばイフリートやタイタンの召喚を使えるようになるわけです
さて、現在のところ巴術士だけジョブが2つに派生するので、どちらをやるか悩むことができます
まあ両方やっても良いですし私もいずれは両方やるつもりですが、取り敢えずカンストしてメインクエストを終わらせるまではどちらかに絞った方が良いように思いますね
召喚士の方は巴術士と同じDPS(火力)のままであるのに対し、学者の方はHealer(回復)と大きく役割が変わります
私はFF14に限らず「MMORPGで最初に上げるのはDPSが無難」と考えているので召喚士にしましたよ (* ̄ー ̄)v

召喚士の特徴はなんと言っても召喚獣が使えるようになることでしょう
巴術士の使い魔カーバンクルもなかなか優秀でしたが召喚士で使える召喚獣はもっと優秀です
ただし、召喚士成り立ての頃はこれまでのカーバンクルの他には近接攻撃型のイフリートしか使えません
タンク型のタイタンはレベル35のジョブクエスト、遠距離攻撃型のガルーダに至ってはレベル45のジョブクエストクリアでようやく使えるようになります
しかもFF14における召喚獣は「蛮神を倒した時の影響で使える」という設定の関係上、レベルを上げてもメインクエストで蛮神タイタン・ガルーダを倒さない限りジョブクエストが始まりません
召喚士はソロ時においてはタイタン、PT時にはガルーダを使うのがセオリーなので、召喚獣が揃い本領を発揮できるのはカンストが近いレベル45以降になってしまいます
他のジョブは本格的に使っていないのでどうか分かりませんが、召喚士はその辺がまだるっこしいというか歯がゆく感じてしまいますね

じゃがいも

通称ジャガイモ。レベル50になるとHP5500を超え、並のFATEボスなら余裕でタンクできるタフな奴

一方の学者は前述の通りヒーラー、つまり回復役です
こちらは本格的に使わずジョブクエストをこなしただけなのであまり理解していませんが、召喚士より更に「PT用のジョブ」という性格が強いです
まあヒーラーですから当然と言えば当然ですがね
学者は使い魔や召喚獣では無く、回復型と支援(バッファー)型の妖精を伴い戦うことになります
この妖精はカーバンクルと置き換わる形になるので、学者になるとタンク型・攻撃型のペットがいなくなってしまいます
というわけで、学者の場合ソロでは学者自身が敵とガチンコで戦うことになります
学者の方も召喚士と同様に晩成気味なところがありまして、ヒーラーとしては重要な状態異常回復のスキルがレベル40まで修得できません
その辺の事情と回復力が白魔道士に半歩劣るということもあって、一部のIDやエンドコンテンツでは若干つらいところがあるようです
もっとも、巴術士派生のジョブである学者はDPSである巴術士のスキルが全部使えるわけで、純然たる回復とはまた違った良さを発揮できる場面もあるだろうとは思いますが

バッファー型妖精

バッファー型妖精。正直、回復型に比べて出番はあまりないような・・・

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

紅蓮祭

9月9日、唐突に「紅蓮祭」(公式のページ)というイベントが始まりました
偶然にも先日の記事の中で旧FF14時代の水着を配布したイベントについて触れましたが、それがこの紅蓮祭なんですよね
最初イベントの告知を聞いたときは「このログインオンライン状態でイベントかyo」と思いましたが、その辺は運営も理解しているようで、現在のダメダメなログイン状況を鑑み通常の季節イベントよりも長く(終了日は未定)開催するとのこと
まあイベントといっても事実上水着を配布するだけに等しいイベントで、1時間もあれば水着の2組や3組すぐ入手できます
なので、ロードストーン等でちょっと炎上気味な現状は「騒ぎすぎじゃね?」という感じです
言っときますがログインオンラインについてはこれっぽっちも養護する気はありませんよ
私もゴールデンタイムにエラー落ちさせられてログイン制限で入れないという目に何度か遭ってますからね
ネトゲとしちゃあり得ないレベルの失態だと思ってます ┐( ̄ヘ ̄)┌

さて、イベントの内容は各地で発生している『帰って来た大炎獣「キングボンバード」』というFATEに参加すると得られる「ボンバードの死灰」というアイテムを、各都市に配置してある「ABU特攻隊長」というNPCで耐熱装備=水着に交換するというシンプルなもの
コスタ・デル・ソル地方でレベル上げした方はピンと来ると思いますが、1つだけ経験値が低い、用途不明なアイテムが貰えたアレが対象FATEです
つまりあの用途不明なアイテムを取っておいた方は交換して終わりですね
かくいう私も1スタック99個ストックしておいたので交換しちゃえばそれで終了ということになります
しかしそれじゃーつまらないということで、現在レベル上げ中の呪術士で参加してみました

紅蓮祭1

紅蓮祭2

せっかくなのでベテランリワードで入手した水着で参加。雰囲気に合わせてヤドカリ?のミニオンを伴ってみました
リゾートでバカンス中のセレブっぽいですね

・・・上腕二頭筋以外はw

1つ注意点が
現在、交換した水着(全部ではないようですが)を愛蔵キャビネットに保存できず、捨てることもできないという不具合が発生しているようです
そのためインベントリに余裕がない私はまだ交換せずにおります
恐らくは遠からず修正されると思いますが、終了日はまだ未定な事ですし、私同様スペースに余裕がない方はコレクション分の交換は控えておいた方が良いかもしれません
せっかくの新生FF14の初イベントだというのに些か詰めが甘いですねー

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

ベテランリワード

ベテランリワード(公式開発者ブログ)をご存じですか?
まあ早い話、月額制のゲームでは良くある長期課金者に対するプレゼントですね
ちょっと変わっているのが「プレイ期間」ではなく「課金期間」で判定されることです
プレイ日数が1日でも90日分課金すれば直ぐに30日、60日、90日の特典が貰えるわけです
良く言えば商売上手ですが・・・早く実績上げねばならないという事情が透けて見えますねw
さて、私は特典のためにCE版と通常版を買うような人間にございます
当然例によって例のごとくきっちり釣られ、早速90日分課金し特典を入手しましたので幾つか紹介してみます

アーリマン

私が一番欲しかったのがこのアーリマンのマウント
ゲーム内でもちょくちょく見ますよね?
他のマウントと違い空を飛ぶというのが良いです
きっと多少の段差とか気にせず落下ダメージも軽減されるはず。快適でしょうねー
んなことは無かった ┐(´д`)┌
普通のマウント同様小さい段差にも引っかかるし落下ダメージも普通に喰らいます
しかも視界が塞がれるので使いにくいという…
結局すぐに使わなくなってしまいましたザンネン
ちなみにアーリマンのミニオンとセットになってます

アーリマンミニオン

カーソルミニオン

これはカーソル型のミニオン
こういう洒落が利いているのは好きなんですが…ミニオン自体が微妙なんですよね
なんせ巴術士系はペット連れてますから、更にミニオンとなるとやはり些か五月蠅く感じてしまいます
逆に別なクラスをやるようになったらペットが居ない分連れ回したくなるかもしれませんが

水着

これも欲しかったものの一つで耐熱装備。なぜ普通に「水着」と呼ばないか謎
もう9月ですから些か季節外れにございますね
正確にはベテランリワードとして貰えるのは水着との交換券で、実際に入手するためにはモードゥナまで交換しに行かなければなりません
モードゥナはレベル45~49くらいのモンスターが生息するところですから、チョコボ(マウント)に乗れるレベルでないとたどり着くのが大変です
こういうプレゼントの類は初期スタートの町とかで配布すればいい気がしますがね
確か旧14で水着配布のイベントがあったと聞いたので、それを利用したからこうなったのかもしれません

なお・・・

ルガティン♀の場合

こうなります

何かが違う

水着としては何か間違っている気がそこはかとなくしますが…
これはこれで似合ってるのでヨシということにしましょう
まあエレガントさやセクシーさ、可愛さを求めるならハナからルガティンは選びませんからね
リムサの提督もそうですが、「宝塚的格好良さこそが我らが本領よ」にございますよ!

さてこのベテランリワードですが、当然どんな支払い方法でも得られます
が!
すぐ欲しいという場合はやっかいな点があります。無料期間の存在です
クレジットやクリスタ支払いの場合、無料期間が切れた時点で課金開始と判定されるらしく、その時点でようやく配布されることになります
幸か不幸かログイン関係のトラブルの保証として無料期間が一週間延長されていますので、それらの支払いの場合入手できるのは少々先のことになってしまいます
唯一の例外はコンビニで購入できるゲームカードによる課金で、この方法の場合すぐ貰えます
ゲーム内で既に使用している人や私もゲームカードで課金したわけです
というわけで、今すぐ欲しいという場合はコンビニにGo! m9( ・ω・)

PS.私はサンクスで購入しました。セブンでは取り扱って無いっぽいです。またファミリーマートは取り扱い開始が若干遅れるとか
念のため確認してから行かれた方がよいかもです

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

グランドカンパニー装備

メインクラスの巴術士はレベル38になり、「ジョブ(≒上位クラス)は学者(ヒーラー)と召喚士(アタッカ)のどちらをメインにしようかなー」というところまで来ました
多分ライトプレイヤーに分類される私が、レベル20以降のサブクストをほぼやらずに良くここまで上げられたもんだと自分でも思います
で、サブクストをやらずになにをやっていたかと言えば、FATE(いわゆるパブリックコンテンツ)です
混雑し過ぎて競争が激しいコスタ・デル・ソル地方を嫌い、レベル32でさっさとクルザス地方に移り、それはもう鬼のようにFATEに明け暮れていましたよw
  *これを書いている時点ではもうクルザスの方が大混雑です
勿論レベルを上げたかったのもありますが、何よりGC装備を揃えるために必要な軍票が欲しかったんですよねー

そもそもGCとは何かといいますと、各国それぞれにある民兵集団みたいなものです
詳しい設定はゲーム内でも紹介されていますので割愛しますが、プレイヤーはメインクエストを進めていく過程でいずれかを選択して所属することになります
うろ覚えですが、確か「移籍出来るし気軽に決めて良いよ」的なメッセージが出たので、深く考えずリムサスタートだったという理由からリムサのGCである黒渦団に入団しました

罠でしたorz

レベル上げにFATEを利用するのが手軽で効率が良い関係で、意識していなくても大抵2、3部位なら交換できる軍票が貯まっているものです
GC装備がレアということを考えれば、入手は「容易」といっても良いでしょう
それでいながら性能は・・・まあレアだから当然ですが、ワンランク以上上でとっても優秀 (ノ´▽`)ノ
そのため、装備を引き継いでいる旧版プレイヤーやID周回大好き!な方は別として、大半の新規プレイヤーはかなりお世話になると思います
ところが!
このGC装備はGC毎に特徴がありまして、黒渦団の場合で言うと、タンク系の重装備は充実してますがソーサラー系はアクセサリーが無かったりと手薄なのです
レベル40以降の全職向け装備はオプションをよく見てみるとクラフター・ギャザラー向けだったりします
同様に、フォーラムの書き込みによればウルダハの不滅隊にはレベル40以降の重装が、グリダリアの双蛇隊には40以降のソーサラー系が無いとか
裁縫ギルドがあるウルダハは布装備(ソーサラー系)、革細工ギルドがあるグリダリアは革装備(ファイター系)、そして鍛冶ギルドがあるリムサは金属装備(タンク系)が得意ということなのかな?
何にせよ、つなぎ装備とはいえかなり有用な装備だけに、自分のメインクラスにあったものがないというのは些か困りものです
「GC装備が無くてもクリアできるよ」という方もいますし実際そうなのかも知れませんが、PTをやる以上できる限り良い装備を調えて臨みたいというのは私だけではないと思います
というわけで、特に拘りがないならメインクラスの装備が入手できるGCを選択することを強くオススメします

前述したシステムメッセージの通り移籍も出来るらしいのですが、まだ情報が乏しく、旧FF14の情報とごっちゃになってしまうという特殊事情も相まって移籍条件がはっきりとしません
フォーラムによればレベル44のグランドカンパニークエストクリアが条件らしいですが、某巨大掲示板の初心者スレのテンプレだとメインクエストを全てクリアが条件となっています
いずれにしても、少なくともメインクエストをほぼ終わらせるくらいまで、つまりカンスト付近まで進める必要があるのは間違いないようです
また、移籍した場合は最下級から再び階級を上げないといけないようで、かなりの負担を伴うことは間違い有りません
それを知ってなお移籍したいと思いレベル上げに励んでいますが、私のように無駄な苦労をしないためにもGCは慎重に選ぶべきです
まだGCに所属していない皆さん、ご注意あれ
やっちゃった皆さん、ナカーマ ( ・∀・)人(・∀・ )

GC兵卒

黒渦団の兵卒用GC装備(一部別な装備)

黒渦GC装備

黒渦団の下士官GC装備(一部別な装備)
SSの為だけに不要な部位まで揃えられるほどの余裕はないのです><

続きを読む

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

装備のカラー変更

大抵のMMORPGがそうであるように、FF14もレベルが上がるにつれどんどん装備を上位の物に換えていくことになります
装備は基本的にクエスト報酬だけで賄えるようになっていますが、ID等でドロップしたものやマーケットで購入したものも使うことになります。当然ですね
ここで1つ問題になるのが装備の色なのでございます
メインクエストで貰える装備は、同レベル帯の物は概ね同じカラーになっているようなのですが、他の入手経路の装備は様々な色をしています
私は基本的にゲームのキャラの外見にあまりこだわらない質なんですが…

色ばらばら

ここまでバラバラだと流石にどうにかならないものかと思うわけですw
で、以前雑貨屋を覗いたとき染色アイテムが売られていたのを思い出し購入したのですが、アイテムを使ってみても装備にドラッグ&ドロップしてみてもできません
クラフターじゃないと無理なのかな?
とか思いながらwikiを見てみたところ、
サブクエストの「鮮やかなる染色世界」をクリアすると染色スキルが修得できるとのこと
クエストが受注出来る場所はホライズンからベスパーベイに向かう途中で、レベル15から受託可能のようです
幸い条件は満たしているようなので早速修得にGo!
クエスト内容はただオレンジジュースを持ってこいという簡単なもの
なんかのクエストで貰ったオレンジジュースが鞄に入っていたのでそれを渡してサクッとクリアです

さあ、早速染色、染色
クリア報酬で赤・青・黄の染料を3つずつ貰えたので赤に染めてみることにしました
そしたら…ピンクになったのでございますよ ( ´゚д゚`)
どうやら赤系の染料は全て赤のアイコン、青系の色は全て青のアイコンで表示されるようです。紛らわしい
で、もうこうなったらヤケクソだとピンクに統一した結果…

アポロ

こうなりましたw
質感と相まってお菓子のアポロを連想しちゃいましたよ
布系でピンクは有りだと思いますが、金属系には似合わない事甚だしいですな;
まさに染色のいい失敗例というものでしょう

FF14の染色のバリエーションはなかなか豊富で、染料が安い色なら1箇所40ギルで変えられます
直ぐ乗り換えるレベル帯の装備でもアーマリーシステムの関係で使い回すと思いますので、皆さんも試しにやってみてはいかがですか?

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

マイチョコボ入手

今日からアーリー組以外もプレイできるようになります
お預けを喰らっていた方にとっては歯がゆい3日間だったのではないでしょうか?

さて、oβとアーリーアクセスの期間を合計すると約1週間プレイしたことになるわけですが、昨日ようやくマイチョコボを入手できました!
チョコボが引き渡される時はなかなかうれしいものでしたよ (≧∀≦)

初対面

まあ、今回は詰まった時とIDの情報以外基本的にwiki等を見ないプレイのため、かなり回り道をしてしまいずいぶん時間が掛かってしまいましたが、一直線に目指せばここまで時間は掛からないと思います
私の場合レベル25で取得しましたが、レベル20あたりのエリアからは少なからずの人が乗ってましたからね
ところでチョコボ等のマウントはキャラの身長に比例してサイズが決まります
つまり190(ルガティン♀の最低身長)ある私のキャラのチョコボはでかいわけです
そのため見た目上はあまり速く走っている感じがしませんw
何かのコミック(スティールボールランかな)で読んだ、ラクダは大きいのでゆっくり走っているように見えるが実は速いって話を思い出しましたよ
疾走感を期待していただけにその点だけはちょっと残念でしたね

マウントと言えばコレクターズエディッションの特典の「クァール」が配布されました

クァール

こっちは更にでかいですw
通りすがりのララフェルさんの隣に来るとこの通り
丸呑みできちゃいそうなサイズ差です ((( ;゚Д゚)))

ララフェルとクァール

ゲーム内ではユニコーンや空を飛べるもの、黒い甲冑?を着けたチョコボなんかも見かけました
チョコボスキーとしてはいずれ是非黒チョコボを手に入れたいところですよ
他にも確かレガシープレイヤーはグープーのマウントと特別なチョコボを持っているんでしたっけ?
以前SSで見たことはありますが、新規サーバーであるフェンリルで直に見かけることはできません
そのうち見物にいってみますかね

PS.コメントを承認制にしても宣伝コメントが止まらないので画像認証にしました。面倒で済みませぬ

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

FF14アーリーアクセス組、開始!

一昨日の18時よりついに新生FF14の正式サービスがスタートしました ヽ( ´ ∇ ` )ノ
と言ってもご存じのようにアーリーアクセス組だけですが

ネトゲをある程度プレイした人間からすると、ネトゲのオープン初日は「トラブルがあって当たり前」というレベルでもはや恒例行事なわけですが、FF14も例に漏れず接続障害が起きたようですね
日本サーバーは一部のサーバーが短時間落ちたのと翌日1時間ほどの臨時メンテナンスがあった程度でしたが、海外サーバーは今なおかなり不安定なようです
oβの段階でも同様の問題は生じていて、海外だけoβを延長したくらいなのにこれはちょっといただけません
問題を解決しないままサービスに入った事もさることながら、海外のプレイヤーが日本サーバーに来たためフェンリルサーバーでもちょくちょく英語シャウトを見かけるようになってしまいました
まあ日本サーバーといっても「日本語サーバー」ではなく「サーバーが日本にある」というだけで、別に日本語ユーザー限定・推奨ではないので仕方がない事なのですが・・・
海外のゲームをプレイしているときは標準語は当然英語ですしそれに全く不満はないですが、日本のゲームでまで英語を使う羽目になるというのは正直ちょっと疲れます
英語を日本語に置き換えずに話せる方ならそうじゃないのでしょうか、私程度だとどうしても脳内で英語→日本語、日本語→英語の作業が入ってしまうんですよね
それと、オープン直前に公開された「現在確認されている不具合」の内容と多さもいただけません。せめて比較的早い時期にいくことになるIDの進行不能になるバグは潰しておくべきだったと思います
なるべく公開しない、隠そうとする旧版よりはマシですが、本国で既にサービスされているタイトルがする「宣伝のためのoβ」とは違いれっきとしたテストだったのですから、オープンを焦って詰めが甘くなったという印象は否めません

とはいえ、ゲーム自体の出来はなかなか良く、まだ荒削りな部分はありますが世界的にメジャーなタイトルレベルかちょっと届かないという水準にはなっているように感じます
これ、けなしているわけじゃないですよ?
世界的にみて「まともなMMORPG」と認識されているタイトルなんてほんの一握りです
海外のMMORPGについてご存じの方なら、ブランド力と資金力、技術力は充分のはずなのに結果を出せず無料ゲーム化していったタイトルを幾つかご存じでしょう
それだけ数多くのタイトルがリリースされている競争の激しい分野であり、日本のタイトルでその水準に達したゲームは3つあるかどうかじゃないでしょうかね
国産ということで若干ひいき目が入っているでしょうが、FF14は取り敢えずそのレベルには達していると思うのです
もっともその水準を維持することはとても難しく、WoWにせよEVEonlineにせよ長くサービスされているタイトルは凄まじいまでの努力と労力を注いでいます
これからも旧FF14をここまでにした姿勢を維持し続けていって欲しいですね
また、きつい言い方をしてしまえば今のところWoWにRift等の良いところを加えた秀作どまりです
そんなことは開発も重々承知だと思いますので、これからFF14ならではの良さをどんどん示してくれるものと期待しております

さて、私の初日はといいますと・・・
アーリーアクセス権がありましたので5分前から正座待機して18時きっかりにログインしましたよ ( ̄ー ̄)b
ちなみにレガシー(≒旧FF14課金者)プレイヤーではなく、旧版を2つ持っているのに更にパッケージを、それもヤフオ・・・ゲフンゲフンで購入したという
・・・なかなか高こうございましたよ、ええ
まあその甲斐もあり、チョコボサーバーにずっと作れずにいた観光用キャラを作ることができました
過密サーバー、特にブロガーの多いチョコボサーバーは恐らくプレイヤーイベントとかすると思うので、参加するためのサブキャラを置いておきたかったんですよね
ちなみに開始ムービーを見終え、ゲーム開始後すぐにログアウトしたら既に作成制限が;
恐らく10分も開国していなかったんじゃないかな
鎖国がこんなに早いとは流石に予想外で、マンドラゴラサーバー(追記:今日作れましたヤッタネ)とバハムートサーバーにも作るつもりがすっかり当てが外れてしまいました
まあ兎にも角にも一番狙っていたチョコボサーバーには確保できたので、時間を見て3ヶ国を自由に移動できるくらいまで進め、各地のエーテライトとチョコボポーター経路を解放しておきたいところです
欲を言えばマイチョコボまで進めたいところですが、メインキャラすらまだ軍票をためている途中という状態ですからねー
そのメインキャラについては長くなったのでまた改めて書きます

さあ、今日も仕事終わったらエオルゼアに行くぜ!

そう言えるゲームになりましたね(シミジミ)

リテイナー1号

このごっついのがリテイナー1号でございます

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

原点

今日から新生FF14が始まるというのにトップの記事がEVEonlineなのもどうかと思いまして、まあ何か書こうと考えたわけですよ
でもね、プレイに夢中でβ4中に撮ったSSは3枚だけだったし、PC替えたから旧FF14のSSもない・・・
ええ、ネタがないのでありますw
と言うわけで・・・

懐かしい旧FF14のシネマティックPV敢えて英語版(youtube)

のリンクを貼ってみた
新生する今日この日、敢えて原点を見直すのも悪くないと思いませんか?
今見ても結構良いですよね
・・・その後、ちょっと切なさがこみ上げて来ますが;

あれから3年
いよいよ今日18時、新生FF14スタート! m9( ・ω・)


アーリーアクセスある人だけですけどね

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

新生FF14 βテストフェーズ4

16日から19日の4日間、新生FF14のβテストフェーズ4が行われました
βテストフェーズ4というのは他のゲームで言うところのoβで、クライアントは正式版とほぼ同じでプレイデータも正式サービスに引き継がれる物でした
紆余曲折があったビッグタイトルということもあり注目度は高かったようで、同接数が15万人超、サーバー数は45になったとか
もっとも、これはoβが無料な上に4日間(フェーズ3以前のテスター以外は3日)と短かったための数字
この手の数字だけなら旧FF14でもそれなりだったと記憶しています
基本無料のゲームとは異なり、月額ゲームの場合はやはり正式サービス以降の数字が重要でしょうね

さて前置きはそのくらいにして・・・
私も数時間で止めたとはいえαテスターでしたから4日間プレイできました ( ̄ー ̄)
キャラ作成ツールを兼ねたベンチマークソフトであらかじめキャラを作っておき、18時のオープンと共にスタート!
これほど気合が入ったのは旧FF14以来でしたね
サーバーは旧FF14から継続しているプレイヤーがいる「レガシーサーバー」といない「新規サーバー」が有りますが、心機一転、新たなキャラクターでスタートするため新規サーバーで始めることにしました
一口に新規サーバーといってもかなり数がありますが、私は「フェンリル(Fenrir)サーバー」をチョイス
フェンリルにした理由は、PCとスマホで愛用しているスレイプニル(Sleipnir)というブラウザを作っているのがフェンリルという会社だからです
…いやマジで;
名前的にチョコボサーバーやカーバンクルサーバーが人気なのは知ってましたが、旧FF14でもそうだったように過密サーバーはイマイチ好きになれません
となると過密しないであろう沢山のサーバーのどこに行ってもいいわけですが、曲がりなりにもずっとプレイしていく場所なので理由もなく適当に選ぶのもなー
で、結局前述の通りの理由で決めたわけです
まあ自分が納得するために無理矢理理由付けたようなもんですw

さて、サーバーが決まったら次はキャラクターです!
といっても事前に作っておいたキャラクターデータをロードするだけですが・・・

キャラ

どーん
今回のメインキャラはこの姐さんでございます (`・ω・´)
旧FF14では初めがミコッテ♀、次にハイランダー♂でプレイしましたので、順番的に♀キャラを選択
せっかくなので今回追加された種族から選択して、グラフィックの乱れが目立たないように短い髪型で、ミコッテとハイランダーの時の経験から軽装も重装も似合うような感じで・・・と、30分ほどいろいろ試した結果こうなりました
細いですけどこれでも種族はルガディンです
本当はハイランダー♀が♂並みにガチムチなのを期待していたのですが、日本のゲームらしく華奢にしやがりましたw
というか、ルガディンですら♂に比べてこの細さ。モヒカンもスキンヘッドも♂にはあるのに勿論ありません
実に日本のゲームらしいことで ┐(´~`)┌
キャラクター、特に♀キャラに対する許容量の無さは和ゲーの嫌いなところの1つですね

クラスに関してはアーマリーシステムが健在なためどれから始めてもおkなので、今回追加された巴(は)術士から始めました

巴術

巴術士はいわゆるペットクラス、テイマークラスです
本当ならFFらしく召還士と言いたいところですが、ジョブ(≒上位クラス)として別に「召還士」があるのでそういうわけにもいきません
今回追加されたということもありバラスが少々荒削りでしたが、かなり面白いクラスだと思いました
ただ、将来的には器用貧乏の烙印を押されそうですね
まあ器用貧乏なクラスは私の好物ですので器用貧乏上等!ですが
ちなみに肝心のペットを撮ったSSは一枚もございません。ググってくださいw
遊ぶのに夢中で撮ってなかったんだからしょうがないじゃないですかー

oβはわずか4日の限られた時間でしたので、巴術士と幻術士をoβのキャップであるレベル20まで上げ、インスタンスダンジョンを3つクリアしただけで終わってしまいました
リテイナーを使えるようにもなっていませんし、生産・採取関係は全くの手つかず。LS(リンクシェル。チャットチャンネル)にもFC(フリーカンパニー。他のゲームで言うギルド・クラン)にも入ってませんし、ハウジング・PvPに至っては存在自体失念していました
本当に「触っただけ」です
私はアーリーアクセス権がありますので24日、つまりわずか4日後には正式サービスをプレイをしてます
であるなら、触っただけでいろいろ書くより正式サービスになってから書いた方が良いだろうと考えました
ですから今回の記事ではコンテンツの話には触れずにおこうと思います
新生FF14は旧FF14で問題となっていた部分の少なからずが改善され、簡単にPTを組めるCF(コンテンツファインダー)やFATE(突発的なパブリックコンテンツ)等、最近のMMORPGでは一般的なシステムが一通り組み込まれています
そして何より「楽しい」と感じながらプレイできました
今の段階ではまだ新生FF14が素晴らしい出来かどうかは分かりませんが、少なくとも私の触った範囲では平均的な水準にはなっていました
今後プレイを進めていくにつれ「FF14おもしれー」となるのか、はたまた眉をひそませ「3年間何やってたんだ」となるのか・・・
3年間待ち続けたプレイヤーのためにも、携わってきた関係者のためにも、そしてなによりアーリーアクセスのためにまたクライアントを買った私のためにも前者であることを願っております

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

肉球ぷに夫

Author:肉球ぷに夫
ゲームが好きだがあまり時間がとれない!
そんな社会人ゲーマーの1人
現在はFF14(Fenrir鯖) EVEonlineをプレイ中

2011年1月9日復元
最新記事
カテゴリ
  • このブログ&私について (4)
  • 新生FF14の雑記 (20)
  • EVE Onlineの雑記 (114)
  • MSGOの雑記 (1)
  • FF14の雑記 (120)
  • PSO2の雑記 (4)
  • TERAの雑記 (21)
  • MHP3の雑記 (21)
  • その他の雑記 (30)
  • 非表示 (37)
  • RSSリンクの表示
    最新コメント
    FF14のブログ
    フェンリル(Fenrir)鯖のブログ
    ゲーム関係のリンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。