スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタリスト級駆逐艦もといサルベージ艦

一部のLV1ミッションやLV2のミッションともなると敵の数もそれなりに増えてきていちいちサルベージャーの射程圏まで艦を動かすわけにはいかなくなります
まして軽快な駆逐艦ならまだしも遥かに鈍重な重巡洋艦ではあまりに非効率的ですね
従って残骸をトラックビームで引き寄せる必要が出て来るのですが、戦闘用の艦で同時にサルベージまでしようとするとサルベージャー・トラックビーム各2基としても4つもハイスロットが占有されてしまいます
仮にそれを良しとしても、今度は拡張カーゴを付けないとペイロードが足りないのでロースロットも幾つか占有されます
これではいくら何でもキツいと言わざるを得ません
というわけで、いよいよサルベージ専用艦を投入することになるわけですね( ̄ー ̄)

サルベージ専用艦にはサルベージ機能にボーナスを持つORE製ノクティスというスーパーな艦がありますが、これは重巡洋艦が2隻買えるほど高価でまだ手が出せません
ならば何かサルベージ向きの艦はないかな~とスペック表をみてみます
サルベージ艦の要件は沢山サルベージャー・トラックビームを装備するためにハイスロットが8つで有ること。つまり戦艦、重巡洋艦または駆逐艦。そしてペイロードが大きくロースロットが多いことです
戦艦を買うくらいならノクティスを買えば良いので重巡洋艦。となればハリケーンですね
…まあ引っ張りましがブログ等に目を通してるのでこれは最初から知ってたんですが(;^_^A
しかし、一括でモジュール変更が出来るならともかく毎回換装するのは現実的ではないですね
かと言ってもう1隻買うのもムリ。安めの重巡洋艦でも15Mはするのでこれもムリ、となると必然的に駆逐艦となるわけです
初めは使わなくなったスラッシャーを活用しようかとも思いましたが、流石に駆逐艦なら新たに買えるくらいのお金はありますし、必要スキルもそれほど時間はかかりません
という事で、より適していそうなガレンテ連邦製カタリスト級駆逐艦を購入する事にしたのです

カタリスト

これがカタリスト。ガレンテ連邦製の艦はこの様にアシンメトリーなデザインが多いのが特徴ですね
そしてこれがお馴染みのEFT(イヴフィッティングツール)の画面

CatalystEFT

例によって私なりの補足。まあ放置採掘仕様と同じでサルベージ仕様もバリエーションの余地無いんですが…
大量の残骸をスムーズに漁るためにもサルベージャー・トラックビームを各4基搭載
ロースロットは全て拡張カーゴです。これにより800平方mを超えるペイロードになります
ミドルスロットはアフターバーナーとマイクロワープドライブ(以下MWD)です。MWDについては後述します

*1/12追記
現在は(この記事を書いた段階で既に)デッドスペースでもMWDを使えるように仕様変更されていたそうです
従ってアフターバーナーを搭載せずキャパシターリチャージャーの搭載をおすすめします(こちらの記事参照)

リグは3つとも電力供給量を増やすキャパシターコントロールサーキット。これがないと常時ではないにせよサルベージャー・トラックビームを全基同時に回すことも有る(トラックビームで残骸4つ引きつけつつサルベージしながら次の残骸に向かう、とか)のですぐガス欠になります
以前も書いた通りリグを破棄しないと再梱包出来ないのですがそこは妥協しました。いざとなればまたリグを買っても良いですしね

さて前述したMWDについてですが、アフターバーナーとMWDはどちらも加速するためのモジュールですが併用できません。ですから本来どちらか一方で良いモジュールです
相違点はアフターバーナーがどこでも使用できるのに対し、MWDはデッドスペースでは使用できません。その代わりアフターバーナーの倍以上の速度を得られます
デッドスペースとは「ミッション宙域からさらにゲートを使って進むエリア」と認識して良いと思います。例外もあり正確ではありませんが、原則的にはそうです
従ってミッションごとに使い分ける必要があるのですが、そのたびに載せ替えるのが面倒くさいのと載せ間違えることがあるので両方載っけているわけです。あと、ちょっとだけ移動したいときにMWDだと速すぎるので敢えてアフターバーナーを使ったりもしますね
そうそう、MWDに関して知人から教わった便利技(EVEの常識?)を紹介します
デッドスペースはミッションの終了を報告すると通常空間に戻ります。これも厳密には違いますが、肝心なのはMWDが使える空間になるということです
ただし、ミッションの終了を報告してしまうと場所がわからなくなってしまいますので、ブックマークに登録しておく必要があります。また複数の層がある場合はそれぞれ登録する必要がある事に注意です
具体的な流れとしてはこうなりますね

1、第1層の敵撃破
2、第1層の場所をブックマークに登録
3、第2層の敵撃破。ミッション終了
4、第2層の場所をブックマークに登録
5、帰還してミッション終了を報告。デッドスペースがMWD使用可能空間に復帰
6、サルベージ艦に乗り換えブックマークから第1層があった場所にワープ。残骸を漁り喜ぶ
7、ブックマークから第2層があった場所にワープ。残骸を漁りさらに喜ぶ
8、ステーションに帰って売るなり分解するなりする
9、ウォレットを見てにんまりする

ちなみに報告すれば残った敵も消えるので、遥か遠くに残った敵やめんどくさい奴はほっといて報告してしまうのも手ですね
例えば、私がLV2ミッションに使用しているハリケーンの最大射程は約40kmですから仮に艦が動いていなくても右舷40kmの敵と左舷40kmの敵を撃てば残骸の間隔は80kmにもなります。それだけの距離をアフターバーナーで飛んだら結構な時間になってしまいますね
そんな時にこの小技を知っているかどうかは大きいです。とても便利ですのでご存知無かった方は是非お試しあれ
サルベージ専用艦はトラックビームが高価なためなんだかんだで6Mは掛かると思いますが、一度使ったら手放せないくらい快適ですよ(*^ー゚)b

働くカタリスト

さあ、あなたもレッツ残骸漁りm9( ゚Д゚)
1/12追記
現在は(この記事を書いた段階で既に)デッドスペースでもMWDを使えるように仕様変更されていたそうです
従ってこの記事は古い仕様に基づいて書いてしまったことになります
申し訳ありません

テーマ : オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

肉球ぷに夫

Author:肉球ぷに夫
ゲームが好きだがあまり時間がとれない!
そんな社会人ゲーマーの1人
現在はFF14(Fenrir鯖) EVEonlineをプレイ中

2011年1月9日復元
最新記事
カテゴリ
  • このブログ&私について (4)
  • 新生FF14の雑記 (20)
  • EVE Onlineの雑記 (114)
  • MSGOの雑記 (1)
  • FF14の雑記 (120)
  • PSO2の雑記 (4)
  • TERAの雑記 (21)
  • MHP3の雑記 (21)
  • その他の雑記 (30)
  • 非表示 (37)
  • RSSリンクの表示
    最新コメント
    FF14のブログ
    フェンリル(Fenrir)鯖のブログ
    ゲーム関係のリンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。