スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォリがレベル28になったら…

レベル28と言えばウォリの主要なスキルが大体揃うレベル。時間がかかってもキーアサインをじっくり検討するのがオススメ
中型ではスキルの誤爆や、うっかり単発でディセクトを出すだけで一発アウトも珍しくない
それに憤怒中はかなり速度が上がるMOBもいるので、即応出来るようにしっかり"手に操作を覚えさせる"必要がある
そのためにも「自分に合ったキーアサイン」はかなり重要である

連携に関しては「コンバット→スラスト→ディセクト」と「バイト→ランブロー」を交互に使うところから始めてみると良いと思う
HPに余裕が無いときは「バイト→スラスト→ディセクト」とランブロー単発にする
慣れてきたら状況に応じて「スピリット→ディセクト」「回避(エバジョン)→ウィンド→ディセクト」「ダッシュ→ディセクト」を混ぜていく
そのうちスラストの最中に攻撃が来たから中断して「回避(エバジョン)→(ポイズン)→ウィンド」を挟もうとか、スラストが終わりそうなのにディセクトのCTがまだだから間にスピリットを挟もう、といった感じに応用出来るようになるはず(^O^)

加えてCT管理・MP管理もより重要になってくる
ウォリが火力を出すにはディセクトを可能な限り使う必要があるため、40%の確率でCTをリセットする紋章が定番
しかしディセクトはモーションが非常に遅いので加速するスキルに続けて使わなくてはならない
そのため、CTがリセットされた時にどのスキルが加速に使えるか素早く判断できる必要がある
また、スキルの使用頻度が跳ね上がるためMPの消費ペースも跳ね上がる
土壇場でガス欠で回避できないといった自体にならないよう、常時MP残量を意識して立ち回るようにしよう\(^_^)/

ウォリはタンクとアタッカのハイブリッドクラスと定義されているが、レベル28にしてようやくアタッカたり得る火力を手にする(-.-;)
その意味では、レベル28にしてようやくスタートラインといえるかもしれない
この辺のアンバランスさは、当初回避盾クラスとして設計されていたための影響だろう
何にせよ、操作は忙しくなるが臨機応変に立ち回れるようになり、ウォリならではのスピーディーな戦闘を楽しめるはず(^O^)

最後になるが、ウォリがタンクとアタッカのハイブリッドである以上、必要とあらばタンクとしての役割を果たすべきクラスでもある
私の場合大抵ソロなのであまりPTをしておらず、記事に出来るほどの経験がなく言及して来なかったが、ランスが見つからない場合盾を任されることは覚えておこう
その際の立ち回りはソロとは全く違うので、したらばのウォリスレッドなどを参考にすると良いと思う
初見であればIDのギミックに対する条件はランスと同じだし、少なくとも中レベル帯までは相応の装備であれば十分こなせる(こなせた)
高レベル・高難易度のIDならともかく、ランスが少なく良装備で予備知識を備えたサブキャラが多い現状で、やむを得ず盾を頼まれたときに「出来ません」というのはたとえPTからキックされても文句は言えない
繰り返しになるが、ウォリはタンクとアタッカのハイブリッドクラス。肝に命じておこう(^O^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

肉球ぷに夫

Author:肉球ぷに夫
ゲームが好きだがあまり時間がとれない!
そんな社会人ゲーマーの1人
現在はFF14(Fenrir鯖) EVEonlineをプレイ中

2011年1月9日復元
最新記事
カテゴリ
  • このブログ&私について (4)
  • 新生FF14の雑記 (20)
  • EVE Onlineの雑記 (114)
  • MSGOの雑記 (1)
  • FF14の雑記 (120)
  • PSO2の雑記 (4)
  • TERAの雑記 (21)
  • MHP3の雑記 (21)
  • その他の雑記 (30)
  • 非表示 (37)
  • RSSリンクの表示
    最新コメント
    FF14のブログ
    フェンリル(Fenrir)鯖のブログ
    ゲーム関係のリンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。