スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークリッパー(Lv28→30)

最初は29から岩盤バシリスクをやるつもりでスルーしたが、実際やってみるとバジリスクはリスキーで時間がかかった
動きはバジリスクなので倒せるのだが、25青武器では絶対的に火力不足
レベル補正の事も考えたら素直に30青装備に着替えてからがベターと判断した
まあそんなわけで、「サボテン村マップまでのミッションで29になり、29→30の間だけリッパーで上げた」という、変則的な順番になってしまった┐(´ー`)┌

まず、ダークリッパーのクエを出すには、鎮圧の野営地のサブクエ「呪縛からの解放」をクリアする必要がある
ググればすぐ分かるとはいえ、中型反復の前提に一般サブクエストとかやめて欲しいねw
ダークリッパーはこれまでの中型より一段難しい中型だが、ウォリとの相性は良い方だと思う
リッパーに限らないが、攻略の第一歩は攻撃を見切れるようになること
まず店売りクリスタルのマナと回復を3つずつ入れて、攻撃せずにただひたすら張り付いていれば動きは大体分かってくるはず( ̄∀ ̄)
ある程度被弾せずに立ち回れるようになったら攻撃をし始める。初めは連撃と隙がないスキルだけで、それが出来るようになったら連携スキルなどを交えていく
そして最後は回避のマージンを削って攻撃に割り当てていく。例えば、「本来回避・エバジョン等を使わなくてもかわせる所をスキルでかわし、その代わり攻撃時間を1、2秒増やす」といったように
まあ、書くのは簡単でも実際やるとなるとなかなか難しい
必死狩り出来るくらい安定しているMOBは一握りだし、私もまだまだ精進が必要なようである


<ダークリッパー>
・通常攻撃1:右手で叩きつけ 反時計回りに回り込んでれば当たらない
・通常攻撃2:右手がちょっと動いた後、左手で前方の地面を叩く
 反時計回りに動いていれば移動でかわせるが、タイミング次第では回避
・突進:ゴリラみたいに胸をたたいた後、激しく地面を引っ掻きながら前方に突進
 予備動作がわかりやすい上にかわす時間的余裕も十分。かわすことよりも、進路を予想してかわした後の攻撃に有利な位置取りをする
・ジャンプ叩きつけ:両手で地面を叩いた反動で前方にジャンプして右手を叩きつける
 ジャンプのために地面を叩く部分も範囲攻撃なので注意。両手が持ち上がったら距離を取るか回避
 右手が地面にめり込み抜くのに時間がかかるため攻撃チャンスでもある
・3連弾:3連続で黒い玉を吐く。その場で体の向きを変えながら3発撃つ場合と、後方に下がったあと前方に3発撃つ場合がある
 間合いが開いてるときが前者で近いときは後者か?
 前者の場合は横移動で軸線をずらす。撃つ度に向きを調整して来るので、きっちり3発目までかわし続ける
 後者の場合、体の向きを変えない上に高確率でもう3発追加で吐くため、背後に回り込めば攻撃チャンス
 後方に下がるのに追随して間合いを取らせないこと。場合によっては跳躍斬りを使う
・薙払い:振り返りながら腕で薙払う
 薙払い系は体を捻る予備動作がしっかりあるのに、うっかり喰らう事が多い攻撃。 リッパーも腕が動く予備動作が有るので常に意識しておく
・咆哮:僅かに跳ねながら右手を前に構えを取った後、正面に扇状の衝撃波
 予備動作が分かり易い上にその場から動かないので単なる攻撃チャンス
・2連撃:天を仰ぎ見る予備動作(吠吼?威嚇?)に続いて目が光り、その後前方に飛び込みながら右手→左手の順で2連撃。出血あり
 絶対かわすべき攻撃。予備動作は分かり易いので慌てない
 目が光った後(攻撃方向確定後)に、MOBの方向を0時とするなら3時に(右)に移動してやり過ごし、9時(左)に視点を振るとちょうど背中が見える

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

肉球ぷに夫

Author:肉球ぷに夫
ゲームが好きだがあまり時間がとれない!
そんな社会人ゲーマーの1人
現在はFF14(Fenrir鯖) EVEonlineをプレイ中

2011年1月9日復元
最新記事
カテゴリ
  • このブログ&私について (4)
  • 新生FF14の雑記 (20)
  • EVE Onlineの雑記 (114)
  • MSGOの雑記 (1)
  • FF14の雑記 (120)
  • PSO2の雑記 (4)
  • TERAの雑記 (21)
  • MHP3の雑記 (21)
  • その他の雑記 (30)
  • 非表示 (37)
  • RSSリンクの表示
    最新コメント
    FF14のブログ
    フェンリル(Fenrir)鯖のブログ
    ゲーム関係のリンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。