スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TERA休止

ID以外のクエストを全て消化したらTERAに対して満足してしまった( ̄∀ ̄)
本当は3キャラ目のウォリで中型ソロの動画を作る予定だったのだが、この手の満足感を感じてしまった以上、惰性で続けてフェードアウトするよりクリアする方が良いだろう
で、TERAに関する最後のエントリとして感想を書こうと思う
なお私がTERAをプレイしたのは3ヶ月弱でほぼソロプレイである。従って、ソロ視点の記述で有ることをお断りしておく

TERAの特徴はモンスターハンターのようなノンターゲット式でありながらRPGであることだ
つまりMHのようにプレイヤースキルが要求されるが、苦手な人はレベルや装備で(ある程度)カバー出来る
クラスによる差が大きく一概に言えないが、私のような「MHはシビアでキツいが、殆ど棒立ちのオーソドックスなRPGは物足りない」という人にはストライクかもしれない
とにかく、何度も戦ううちに自分なりの攻略法が見つかり倒せるようになった時の満足感はなんとも言えない(*^ー゚)b
その辺は以前プレイしていたMHP3と似ているね
もっとも、そこにハマると私のようにソロプレイに終始してしまうかもw

グラフィックは綺麗だが私のGTX470では力不足で、ゲームの性質上カクツクのが致命的なこともありかなり設定を落とさざるを得なかった
特にインスタンスではないダンジョンの重さはかなりのもので、ゴールデンタイムだと設定をほぼ最低にしたこともあった(-.-;)
また、好みの範疇とは言え装備のデザイン・質感は気に入らない
やたら露出度は高いし、複合素材(例えば革と金属)の装備なのに質感がほぼ同じ。デザインも少ないしアクセサリーはグラフィックに反映されないヽ(`Д´#)ノ
FF14を基準に見てしまうせいかもしれないが、グラフィックをウリにした割には物足りない

その他気になった点を幾つか
PK・非PKサーバーを分離したのは英断だった。戦場に続き今後実装するであろう「サーバーをまたいだPTシステム」でも分離する方がいいと思う
生産・採取といった戦闘以外の要素に関してはバランスがとれておらず、まだオマケの範疇をでていない
クラスによっては多ボタンマウスが無いとキツいかもしれない。私はロジクールのG700を導入たが、これ無しでプレイする気が起きない
後続プレイヤーが明らかに少ない。体験版が無いせいか分からないが、これほど新規プレイヤーの存在感が無いゲームも珍しい

TERAはMMORPGにおいて新しい切り口のゲームであり、まだ欠点は多いもののおもしろいゲームだ
今後コンテンツが充実し、改善されていけばメジャータイトルの1つとして定着出来るんじゃないかな

最後になりましたが、一緒にプレイした皆様ありがとうございました。またどこかでよろしく(^o^)/
スポンサーサイト

動画の作成に四苦八苦

ミッションはアカシャまでなら問題なくやれたが空中庭園は無理みたいだ
少なくとも荒野セット+6程度では雑魚すら苦労して話になら無かった
wikiでスペックをみる限り、暗黒セット+6くらいならなんとかなるかも知れないとは思うが…資産50M程度の私にはとてもじゃないが手が出せない(ノ△T)
とは言え、荒野ではサブクエストの58中型でもキツいことがあり、やや手詰まり感が否めないね

そんな閉塞した状況から「別なアプローチでTERAを楽しもう」と考え、動画を作るべく試行錯誤しているのだがうまくいかない
エンコードするとかなり画質が悪くなり、戦闘ログに至っては文字が潰れて読めないところまで出来てしまうのだ
昔、Civ4の動画を作ったときはこんなに苦労しなかったんだけどな…
今はfrapsでキャプチャした物をVideoStudioで編集・エンコードまでやってしまえないか試しているところだが、正直望み薄
ニコニコで綺麗な中型ソロ動画を見かけるが、エンコードソフトや解像度・ビットレートの設定を知りたいものである

カンスト後

カンスト後もちまちま残ったクエを消化しているが、苦手な中型をレベル差で押し切れないので苦労する
特に、58黄色の中で性能が一番下の荒野とは言え、全身+6でも被ダメがでかいのがしんどい
レベル57のバンデロスとかだるいことこの上なかったよ(ノ△T)

それとニューエレンのマップに入ってからというもの、それまであまり見なかったBOTをちょくちょく見かけるようになってきた
昨今のネトゲでは珍しくない光景とはいえけして気分の良いものではない
所詮ハンゲと言ってしまえばそれまでだが、何とかしてほしいものである(`ヘ´)

カンスト(57→58)

ドラゴンフォール以降のクエを殆ど放置していたのでコツコツ消化し、ニュー・エレノンに移ってクエストを幾つか消化したところで58に\(^_^)/
正式から始めたキャラなのに、ようやくカンストまでたどり着いた
で、何はともあれ早速58装備を整えたわけだが、流石に58ともなればコストパフォーマンスの良いものを選んでも金がかかる
特にクリスタル類は予想以上に高く付いて、一通りスペアまで揃えた所15M掛かってしまったという…
武具は荒野シリーズ一式を初の全身強化。武器は+7、防具は+6にした
アクセサリーはOPまで吟味出来ず、というか、コストパフォーマンス的に吟味する気が起きず安い58の物に換えただけ
この程度でも40Mを越えるのだから堪らない(ノ△T)

荒野シリーズよりもっと上位の装備は有るが取引不可だし、かといって頑張ってIDをやるタイプではないのでこれがほぼ最終装備
まあ一応ロット買いという手段も有るには有るが、今の懐具合では当分買えそうに無いしね
というわけで初めて外見変更と染色にも挑戦(^o^)/
あーでもないこーでもないと2時間以上掛けて試着しまくり…

保護色

こんな感じになった。見えないけど武器は刀タイプのグラにしてある
色は革らしい色合いにしたのだが…こりゃ保護色だねw

黒い守護妖魔(55→57)

前エントリでも書いたとおり深淵の獄獣に続いてリッパー型である
狩りやすいが相当数狩ら無いといけないので、サブキャラをやるなりして気分転換をしながら気長にやるのを勧める
ちなみに56→57で必要な経験値が約46Mであるのに対し、黒い守護妖魔1匹で約1M(-.-;)
まあここを乗り越えたらカンストは目の前。いよいよゴールが見えてきたね

深淵の獄獣(53→55)

マイナーな部類で名前を聞いてもピンとこないだろうと思うが、爆炎連峰の最奥にいるレベル51のリッパー型のこと
近くにいる紅蓮暗黒の毒蛇(ガーディアン型)、蛇印の秘島のアガンティ狂血戦士(カニ型)やアガンティ復活呪術師(ヤドカリ型)も同じレベル51なので、やりやすいタイプを選んで狩れば良い
ただ、恐らく事故率が低くHPも低いのはリッパー型だろうし、次のレベル帯もリッパー型なので慣れておく意味でも深淵の獄獣をオススメする
なお、反復を出すためには紅蓮暗黒の毒蛇のクエを消化する必要があるが、ちょくちょく「ガーディアン型は苦手」と聞くので私なりの戦い方を載せておく
まあ、メモ書き程度だけど(^_^;)


<紅蓮暗黒の毒蛇(ガーディアン型)>

基本的に歩きで本体と両脇の蛇の間を抜け背後に回りつつ戦う
エバジョンが薙払いくらいでしか使えず、回避の頻度が高くなりがち。CTには特に注意すること
放電攻撃さえかわせば楽な相手。ガーディアン型が苦手≒放電攻撃をかわすのが苦手なんだと思う

・連続攻撃:正面に蛇で2回連続攻撃
 なるべく背後を取る立ち回りをすれば自然と当たらない
・叩きつけ:正面に蛇で2匹同時攻撃
 なるべく背後を取る立ち回りをすれば自然と当たらない
・振り向き薙払い:振り返りながら薙払い
 エバジョンを合わせる。反動をつける予備動作を見落とさないこと。他の中型より見易い
・突進:回転しながら正面に向かって突進
 攻撃範囲が広い。前傾したら突進が来る前に回避で裏に回る
・落雷:範囲サークルに落雷
 サークルがでてから攻撃までが長いので余裕でかわせる
・3連続攻撃:目が光った後、正面に向かって2回連続攻撃→落雷。気絶効果有り
 目が光ったら裏に回る。基本的にかわしやすく攻撃チャンスだが、ミスって当たると気絶して一気にピンチになり得る
・広範囲放電:本体の上下が反転した後、目が光り周囲に放電攻撃。出血有り
 絶対かわすべき攻撃。本体が反転したら後ろを向いて跳躍・ダッシュか、回避で攻撃をキャンセルしつつ裏に抜けて跳躍。後者は加速戦闘が無いと憤怒時はきわどい
 攻撃判定が長く、地面の電気エフェクトが完全に消えるまで判定が有るので焦らないこと

アガンティ鱗戦士(50→53)

サブウォリがメインウォリに追い付いたので、以降のエントリはメインウォリに交代

「楽な中型」としてご存知の方も多いと思うが、このレベル帯はアガンティ鱗戦士の1択と言って良い
というのも、どういう事情か知らないが、鱗戦士はこれまでの中型に比べてダントツにやりやすいのだ
動きはこれまでのケンタウロス型と殆ど変わらず、寧ろ広範囲の薙払いが無い分「紅い霧虐殺者」よりやりやすいくらい
しかも大したスキルが無い私でも4、5分で狩れてしまうほどHPが低いのである(°□°;)
唯一の欠点は、人気があるため狩り場が混んでいてゴールデンタイムになると少々重いことかなw

1つ注意すべき事は、英雄の凱旋がレベル50になると使えないということである
先日のアップで必要経験値が減ったとはいえ50以降は流石に必要経験値が多い
そこで、レベルアップ速度を重視する場合は49の段階で50の装備を準備しておき、50になる直前で凱旋を飲むと良い
勿論、ドロップを重視する場合は凱旋が邪魔になるのは言うまでもないだろう
装備に関してはリーズナブルな金霜でも良いが、黄金装備も結構値段が下がってきているので奮発しても良いと思う

コンディションを回復する必要もなくテンポ良く狩っていけるので、ウォリらしいスピーディーな戦闘を思う存分楽しもう(≧∇≦)

3キャラ目

サブウォリは50になったところで一旦放置して、新兵キャンペーン中にもう1キャラ育てることにした
種族はヒューマン♂でクラスはOβ中にプレイしていたバーサーカー(^O^)
バサをやるのは、というかウォリ以外をやるのはOβ以来なので結構新鮮
バサは紋章を使えるようになるまでが少々だるいが、純火力職だけあって殲滅速度が速く、クエも狩りも快適なクラスの1つだ
おかげでサクサク進み、今はレベル30で岩盤バシリスクを狩ってレベル上げ中である
新兵キャンペーンが水曜日の定期メンテまでだから、今日中にレベル35まで上げたいが…多分無理だろうな(´・ω・`)

序盤~中盤を育ててみた限り、中型ソロにおいては意外にもウォリ以上に立ち回りがシビアかもしれない
勿論、単に勝つだけなら防御を使いつつ戦えるバサの方が楽だが、そのような戦い方では時間が掛かってしまう
上手い方の動画を見れば分かるとおり、実際はチャージしながら歩きでかわして背後を取っていく戦い方になる
移動速度が若干速いウォリでもスキルを使わずに背後を取り続けるのは楽ではない。それを移動速度で劣るバサでやらねばならないのだ(-.-;)
そのため、攻撃速度の遅さも相まってウォリ以上に先を読んだ行動が要求されると感じる
私も憤怒時などはまだまだガードに頼ってしまっていて、慣れと練習の必要が有りそうである
さらに、ウォリが主力スキルの1つであるランブローを使いつつ回復出来るのに対し、バサの回復手段のアンバークブローはチャージが必要にもかかわらずダメージがほとんど無い
そのためHPのロスが多ければそれだけアンバーを使うことになり、アンバーを使うという事は火力がダイレクトに落ちると言える
要するに、歩きだけで被弾をウォリ以下にした上で背後に回り込む立ち回りが必要という事だ┐(´ー`)┌

まあウォリが人並みに扱えるようになったのはレベル50代まで2キャラも育てたからだし、始めて数日のバサでその水準まで行かないのは当然だろう
キャンペーンが終わったらじっくり試行錯誤してみようと思う
ああ、その前にウォリ2キャラをカンストさせるのが先かな( ̄∀ ̄)

一般反復(41→50)

私のいるヴェリック鯖では出品すらめったにされなくなったランク9、10の抽出スクロール(-.-;)
これらを入手すべくひたすら雑魚反復を繰り返す事にした
ある程度効率よく狩るために装備を整えるために、先ずは貯まっていたミッションクエストを消化。目指すはアカルムマップのミッション報酬である42黄装備だ
まあ黄装備とはいえ所詮はミッション報酬装備なのだが、44黄まで他の選択肢が無いレベル帯なので仕方がない
一連のクエストをレベル41で消化しようとすると一部橙・赤ネームいるが、「グラン・バタヒルの護衛」が些か面倒かな、って程度である
ただし、鎧はIDのクエストなので適当な物を購入した

装備が集まる頃にはレベル42になったので、クリスタルも一般MOB用に換えて早速雑魚狩り開始(^O^)
このレベル帯の反復はアカルム方面とコールドロック方面があるが、メインがコールドロックだったので今回はアカルムでやることに
そうそう、抽出スクロールの事だけを考えるなら言うまでもなく反復自体受けない方が望ましい
まあその辺は自分の根気と相談して判断してね
ちなみに私は根気が無いので英雄の凱旋まで使ってやったがw

ウォリの一般反復は、小型を伴わない単独MOBを2~6匹まとめて処理していくと楽
複数匹ならどれかは背後を取っていることが多く、追撃クリスタルによるMP回復を活かしやすい
それに、同じMOBならまとめ方に気を付ければある程度攻撃のタイミングを揃えることができるので、パターンが分かってくると結構被ダメを減らせる
一応効率UPに役立つ…か怪しいアドバイスを幾つか(;^_^A
MOBを倒したらアイテムを拾う前にバンテージを使い、"納刀したまま"次のMOBをまとめる(まとめている間にバンテージの効果で回復)
ドロップした回復玉は余裕がある時は拾わず地面に置いておく
紋章をリセットして、一般反復の間だけ「回避→ポイズンで回復」を入れる
「ダウン時50%の確率で回復」のクリスタルを使う。ジャンプして攻撃食らえばすぐダウンできる
焚き火・回復待ちの時に荷物整理といらない装備の抽出を済ませてしまう。クリスタル変化2を持参していらないクリスタルを変化させるのもあり
BOTがいたら、自分が確保したいエリアと相手のエリアの境界付近に沸いたMOBを最優先で狩る。そのうち離れていく
まあこんな所かな。役に立たなくてもワシャ知らん( ̄∀ ̄)

まあそんなこんなでレベル50まで一般反復をやったのだが、結局抽出スクロールにはお目にかかれなかった(ToT)
50になった時にはゴールド印章が200個以上有ったから、少なくとも1500匹以上のMOBを狩っている
しかもメインでもほぼ同じことをしているから、3000匹狩っても出なかった事になる
いくら私にリアルラックが無かったとしても、確率的に狙うもんじゃないね
さらにサブキャラをやることがあったとしても、次からは抽出スクロールを狙うのは絶対止めよう(-_-#)

最後に、参考になるか分からないが私の使った反復クエストを載せておく
<ウェストニア領(アカルムマップ):狂帝の高地>
レベル42~44 カイドゥン軍親衛隊討伐命令、前提クエスト:親衛隊の掃討
レベル44~48 闇の傭兵団討伐命令、前提クエスト:愛のために
 フェンサーがオススメ。アーチャーがウザいので絡まれないように
<パンノニア領(開拓村マップ):隔離地区>
レベル48~50 汚染の根源地を制圧せよ、前提クエスト:カリーゴ神聖教団とは
 変異した戦闘兵がオススメ。ただしBOTがいるかも(`ヘ´)

リアルラックに自信が有るなら是非狙って見て欲しい
そして委託に出して!私が買うから(^。^;)

獰猛クーマス(38→41)

38からは獰猛クーマス、砂嵐リザード、廃墟ブルカヌス、古代帝国の悪霊(ゴーレム型)古代帝国の戦士(巨人型)と選択肢が多い
一通り試してみたところ、タイトルの通り獰猛クーマスがオススメだと思った
まあ、PTの募集状況からも獰猛クーマスが最もポピュラーな事は明白で、試すまでも無かったんだけどね(^_^;)

獰猛クーマスが使用するスキルは軟弱・成長クーマスと同じだが、ジャンププレスを2回連続でする特徴がある
このジャンプを安定してかわせれば、クーマスにしてはHPが低いこともあってテンポ良く狩れる
で、その連続ジャンプは回避とエバでかわすのだが、どちらを先に使うのが合うかは人によるかも
エバでかわしたときに通常時はMOBの背後、憤怒時はMOBの正面に着地し易いので、通常時と憤怒時で使う順番を変えるのも有りだろう
もっともこれは真正面で跳んだ場合なので、回り込みながら戦うならまた別な方法もあると思う
ただ、正面と背後の行き来を基本にして戦う方が短時間で狩れるので、個人的には回り込まないで戦うのをオススメしたい

クーマス型という事で必死狩りもし易いが、前述したとおりクーマス型にしては相対的にHPが低めで短時間で狩れるので、無理にリスキーな事をしなくても良いと思う
クーマス+2レベルの39からはイベント配布の35黄+3でも5~7分で狩れるし、書や護符を使えばもっと短縮できるはず
必死狩りじゃない分、痛くない攻撃はある程度被弾してでも攻撃を優先できるので、HP・MPの残量や各スキルのCTを見ながらアグレッシヴに行こう(b^ー°)
プロフィール

肉球ぷに夫

Author:肉球ぷに夫
ゲームが好きだがあまり時間がとれない!
そんな社会人ゲーマーの1人
現在はFF14(Fenrir鯖) EVEonlineをプレイ中

2011年1月9日復元
最新記事
カテゴリ
  • このブログ&私について (4)
  • 新生FF14の雑記 (20)
  • EVE Onlineの雑記 (114)
  • MSGOの雑記 (1)
  • FF14の雑記 (120)
  • PSO2の雑記 (4)
  • TERAの雑記 (21)
  • MHP3の雑記 (21)
  • その他の雑記 (30)
  • 非表示 (37)
  • RSSリンクの表示
    最新コメント
    FF14のブログ
    フェンリル(Fenrir)鯖のブログ
    ゲーム関係のリンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。