スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木工レベル上げメモ

木工をカンストさせるまでのちょっとしたメモ…の前に、クラフターのレベル上げ全てに言えることを書いておきます

・装備が良いほど効率的に経験値が稼げるため、可能な限りHQ装備を用意しましょう。特に防具は全てのクラフターで使い回せるので頑張りたいところ
数は少ないですがGC装備も有るので要チェック
・経験値ボーナスが乗るのでレベリングのための生産は可能な限り品質を上げること
装備をなるべくよくするのはこのためです
・LV30以降のアクセサリ、特にミスリルアクセはマテリア化する価値あり。生産系マテリラの値段と装備の値段を見て判断を。30未満のマテリア化はほぼ価値無し
マテリア化に拘って低レベル道具を引っ張るのもあまり価値無し。ただ、後ちょっとという場合は、適当な中間素材を簡易生産すると良いでしょう
・軍票に余裕が有る場合はエンジニアマニュアル(経験値ブーストアイテム)を使います
・基本的に常時ドライボーンでNPCが売っている「ストーンスープ」を飲みます
マーケットで高く買ってはいけませんw
・リーヴにはいくつか種類がありますが、LV20からある大口依頼は「追加納入」する事で3回分の経験値が貰えます
そのため「リーヴ権効率」が良いです。しかし、「金銭効率」は基本的に最悪です;
ギルは頑張れば稼げます(一部金策しながら上げることも出来る)が、リーヴ権はリアル時間による回復ですので、この辺は懐具合・リーヴ権の数と相談
*2.1パッチで大口に変更が入るので変わるかも
・ある程度自給自足は諦める
全クラフターをカンストさせるまでにシャードだけでも万単位で使います。いかに金を掛けないかより、いかにレベリングを儲けにつなげるかを考えた方がベター
私は材料もシャードも殆ど買いましたが何とかなりました。ただ、相場に左右されるのでその辺は状況に合わせて工夫を
・低レベル生産品はNPC売りの素材で作れるものばかりなので手帳をどんどん埋める
意外なものもNPC売りされているので、販売品一覧をぐぐって目を通しておくと良いでしょう
スマホユーザーなら公式アプリで簡単に調べられます。ただし、レシピ一覧すらない出来損ないアプリですがw
・LV5毎にアディショナルスキル枠が増えるので忘れずにセット
LV20、25くらいまでは枠が厳しいので作るものによって入れ替える


では私が木工を上げた道のりです
メープル材→アッシュ材と店売り素材でレベルを上げつつ手帳を埋めていきます
メープル材もアッシュ材もNPC売りされているので頑張って量産する価値はないです
次のエルム材は材料の原木がNPC売りされてないのでマーケットで買うなり園芸で伐採してきます
エルム材もシャード代にもならない値段で捨て値されていると思うので作りすぎると損です

LV22辺りからユー材を作り始めます
HQの原木を買うなりしてでもなるべくHQで仕上げましょう
LV25辺りからクォーリーミルで「LV25大口依頼 義勇兵向けの幻具 」をこなします
納入品のユークルークは先に作ったユー材とギルドにいるNPCが売っている「百獣の血」だけで生産できてお手軽。ユー材HQを使いHQを狙います
スキル的にHQ安定というわけにはいかないと思うので、多少勿体ないですがNQも納入しちゃいましょう
ユー材が足りなくなったら自作するかマーケットで購入。需要が高いものではないので、材の状態でも多分高くはないと思います
LV31で主・副道具が更新されるまでこれで行きます

この辺の中レベル帯ですが、出品が手薄な事もあり、HQで仕上げれば結構儲かる生産品があります
経験値にもなりますし、せっかくクラフターを上げているのですからちょこちょこ生産して出品してみましょう
ちなみに私の時は槍が良い値で売れましたよ
ただし、欲張って大量生産はNG!
既に需要が低下してますので、不良在庫になる可能性も高い (つД`)

LV31になったら…
ここからはもうラストスパートへの準備になります
いよいよカンストまでお世話になるウォルナット材の加工に取り掛かるのですが、ウォルナット原木をかなり大量に使うことになります
600本(内200本は出来ればHQ)くらいは欲しいです
ええ、ろっぴゃくです。しかも多分高いです;
ほかの材料はともかく、ウォルナット原木だけは可能な限り自分で伐採してくるのをお勧めしますね
あと、ウォルナット材HQは安定して良い値で売れますので、懐に余裕がない場合は作りまくって余剰分を売ると経験値を稼ぎつつ金が稼げてグッド
中間素材は耐久が40しかなく、ビエルゴが無い状態ではどうしてもHQが安定しません
そこで、作り始めの頃はHQの原木を1、2本混ぜるようにしましょう
後はひたすら作り続けます。間違ってもウォルナット材納入の大口に使ってはいけません
もう一度言います。ウォルナット材納入の大口は罠です

HQが150個ほど貯まる頃には恐らくLV40付近か超えているでしょう
ここまで頑張れば後はもうラストスパート!
グリダニアで「LV35大口依頼 古式ゆかしい木剣」をこなしまくります。LV30の調達リーヴと間違えないでください
納入するウォルナットマクアフティル、通称「羽子板」は、苦労して作ったウォルナット材と恐らく捨て値で売られている「飛竜黒曜石」2つ
初めはウォルナット材HQを使い、レベルが上がっていきNQからでも問題なくなったらNQに切り替えます
余ったHQは売却。相場次第では結構儲かります ( ̄ー ̄)
このリーヴはHQで追加納入まですると経験値20万ほどになります
一番経験値が必要なLV49→50ですら経験値50万少々なので、なんと3回で終わっちゃいます!
45からはマホガニー材を勧めているサイトも多いですが、耐久40でHQにしにくいことと、羽子板が9個の納入で済むのに対し15個納入しなければならない点からこちらで突っ走った方が楽だと思います

カンストし、LV50のクラスクエを完了すると…

50青のこぎり

このヘンテコな鋸が貰えますw
形は変ですが最高スペックの主道具です
クラス専用装備も披露したいところですが…自作したいと思っているのでまだありません (ノω` )

パトリシアン

その代わりに買ったのがSSの全クラフター共用のパトリシアンシリーズです
コーティー系特有の寄せて上げているデザインで愛好家?がいるようですw
私はオイルとペンキに汚れたつなぎかトビのような、いかにもなデザインの方が好みなんですがね
まあその辺は全クラフターをカンストさせAFを自作するのを楽しみにしておきますか
スポンサーサイト

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

クラフター開始

ギャザラーに一区切りをつけいよいよクラフター開始
思えば、どちらかと言えば生産好きな私としては、ここまで生産を放置して進めたゲームは珍しいですな
さて、クラフターを始めるにあたり色々調べてみたところFF14の生産では有用なスキルを習得するのが大事なようですね
とは言っても、経験ゼロの状態でスキル一覧を見てもどのスキルがどう役にたつのかイメージが出来ません
そこで、何はともあれまずは少しやってみようかと思ったワケです

私が最初のクラフターとして選択したのは裁縫です
色々装備が作れそうですし、旧版でも面白かった記憶がありましたので
早速ウルダハの裁縫ギルドの受付に話し掛けて修行開始
ギルドマスターのセリフ等からすると、新生でもモコ草から草糸を紡いでレベリングを始めるのは変わってないようですね
なんか懐かしいな (*´ω`*)

裁縫ギルド

戦闘クラスでも序盤は手帳埋めが効果的でしたので、製作手帳を埋めていきます
作った物の値段をマーケットで見てみると…二束三文なのでNPCに売却
まあ、予想通りですがちょっと残念
序盤の物は材料が殆どNPCで買えるのでどんどん埋めていきます
戦闘クラスの手帳とは違い、1回作れば埋まって行くのでラクチン
そんなこんなしてるとレベルが上がり、スキルが増え、何となくですが生産システムが掴めてきました

そこでもう一度あれこれサイトを巡り、大雑把なこれからの育成プランを立ててみます
まず、現在の仕様では木工LV50のスキル「ビエルゴの祝福」が最重要スキルのようなので、これを最優先目標にします
ただ、曲がりなりにも1クラスカンストさせるわけですから、下準備が必要です
攻略サイトや某巨大掲示板によると、取り敢えず甲冑以外LV15にするのが定番のようです
が、スキルの効果をみる限りそこまでしなくても良さそうに感じたので、
裁縫LV15スキル「模範作業」
調理LV15スキル「ヘイスティタッチ」
革細工LV15スキル「倹約」
調理LV37スキル「ステディハンド2」
の4スキルのみ取って木工カンストを目指すことにしました
実際これで必要十分だったのですが、保管しておく装備数を減らすという観点からすると、スキルの有用性は置いといて一通りLV15にしてしまうのも良いとおもいます
逆に、グランドカンパニー(GC)の納入数を楽に稼ぎたい場合は、必要最小限のクラスのみ上げ、他のクラスはなるべく低レベルのままにしておく方が良いでしょう
そこら辺は何を優先するかで変わって来ます
いずれにしても、少なくとも前述したスキルは習得しておく方がベターです
これらのスキルと「ビエルゴの祝福」が揃うと、以降のレベリング難易度が2段下がると言っても過言ではありません
加えて、ハイクオリティ(HQ)の生産品を安定して作れるようになるため金策もしやすくなります

前述のスキルはどの順でとっても大差はないと思いますが、まず「模範作業」があると何手で完成するか確定するため、品質を上げるのに費やせる耐久が確定出来ます
作業の手数が確定したら今度はいかに品質を上げるかなのですが、最序盤だとCPを増やせるアクセサリが殆ど装備出来ないため、耐久は余ってるのにCPが無くて何も出来ない場面が多くあります
そこで役に立つのが「ヘイスティタッチ」です。コレが有れば耐久の許す限り品質を上げられます
が、ヘイスティタッチは成功率が低いため手数を増やす必要があります。下手な鉄砲もなんとやら
そのために役に立つのが「倹約」です。これでヘイスティタッチを2回多く使えるようになります
ここまでである程度は形になるのですが、ヘイスティタッチはもとより「加工」も失敗する事があり不安定感が拭えません
そこで「ステディハンド2」を目指します
このスキルをもってしてもヘイスティタッチは80%止まりですが、加工は100%になり、生産品がHQになる率がグッと向上するでしょう
また、品質向上回数によりボーナスが乗る「ビエルゴの祝福」にとって欠かせないスキルでもあります
ここまで揃えれば下準備としては十分です
勿論あったらいいスキルはまだありますが、ビエルゴの祝福の習得を遅らせてまで取ることはないと思います
それほど強力で有用なスキルですよ、ビエルゴは ( ̄ー ̄)
今からクラフターを始めるそこのあなた、まだ木工をカンストさせてないそこのあなた

君もビエルゴ神のテンパートにならないか m9(゚д゚)っ?

クラフター開始

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

ギャザラーを始めてみた

バハムートは2回ほど挑戦しまして、1層の蛇をもう少しで倒せるところまで行きました
初見の野良PTでも入口の制御システムは大したこと無かったですし、蛇も何度かやればクリアできそうでしたので、あの感じなら装備を頑張れば2層か3層くらいまでは慣れ次第で普通に行けるんじゃないですかね
が、被ダメージ的にDL用のバランスじゃないことがすぐ分かってしまい、縛りプレイをさせられているが故の難しさと思うとシラケてしまってどーもやる気がでません;
まあ、本来はLVキャップ・上位装備等開放後のコンテンツを、開放前にエンドコンテンツとして提供する手法は珍しくないですからね
開放後の展開が読めてると「まあその内やればいいか」という感じになるタイプもいるわけですよ
そんなわけでそれっきりバハムートはほったらかしにしてます ┐(´∀`)┌
勿論、神話装備という道も用意されてるわけですが、週300ポイントしか稼げないのにジョブ専用装備 (`Д´*)9
つまり、メインジョブ以外のジョブを捨ててバハムートを攻略するか、バハムートを捨てて他のジョブでも遊ぶ事を選ぶかの2択ですね
私は1つのジョブに絞る気がサラサラ無いので、後者を選びました
ちなみに、現在は召喚と黒魔のレリックが+1になっています
次は詩人のレリックを+1にする予定でしたが…どうやらアップデートでいろいろ変更がありそうなので使わずに貯めておくことにしましたよ

で、切り捨てたバハムートのかわりに始めたのが非戦闘系クラスです
非戦闘系クラスはギャザラーとクラフターに大別されますが、漁師(全く無関係ではないが)を除いて双方密接な関係にあります
なので、本来は同時に成長させていくのが望ましいのですが、アーマリーチェスト(装備収納スペース)に余裕が無いため先ずはギャザラーを上げてしまって、それからクラフターを上げることにしました
因みに漁師は完全にほったらかしです
漁師は幸か不幸か趣味的なクラスと位置付けられてるらしいので、取り敢えず後回しにし、クラフターを上げ終えたら装備等を全て自作してのんびり楽しもうという計画です (@⌒ー⌒@)

園芸

さて、園芸師と採掘師のレベリングですが…基本ひたすら採るだけです
ホントそれだけ;
採集品の一覧表を見て、自分のLVと同じか1つ下、無い場合は2つ下の素材をひたすらひたすら採り続けます
自分のLV以下なのは、ミス=経験値0なのでそれを避けるためです
攻略サイト等では高めに売れる物をひたすら採り続けるようなプランが載ってますが、原則LV2以上離れてたら採る物を切り替えちゃった方がいいです
LVが離れると得られる経験値が減衰するので、LVアップまでの採集回数が増えてしまいますから
また、中レベル帯でクリスタルを採ることを推奨しているケースも見受けられますが、確かに金銭的に有利ではあるものの、HQが無いためHQ獲得時の経験値ボーナスが無く効率が悪すぎます
何より、ただでさえ変化に乏しいギャザラーにおける数少ない変化をスポイルする事になり、凄い単調になりますw
まあ、レベリングと金策は分けて考えた方がベターでしょうね
レベルが上がってしまえばステルスを使わずとも低レベルのMOBに絡まれることもなくなりますし、未知の採集ポイントを絡めた金策という選択肢も出てきますし
そうそう、採集ポイントは4ヶ所1グループで配置されてますが、必ずしも全て回る必要はありません。3ヶ所でおkです
なので、初めての採集地点に来たら3ヶ所を回るか4ヶ所全てを回るか、時計回りか半時計回りか決めます
些細なことですが、地形によってはかなりの違いになりますよ (*´∀`*)b

しばらく前にギャザラーの経験値に調整が入ったこともあり、最初はポコポコLVが上がってどんどん採集場所が変わるので結構楽しいです
が、LV30代半ばを過ぎるとしんどくなってきます;
適正LVの物を狙っていても、1k個以上同じ物を採り続けることもありますね
そうなってきたらギャザラーのリーブと、軍票で交換できるサバイバルマニュアルという取得経験値ブーストアイテムを使います
しかし、私のようにギャザラーのあとにクラフターのレベリングが控えていることを考えるとリーブ権はなるべく温存したいところ…
LV的にちょうど良い採集品が無かったり、アクティブMOBがいて効率が悪い時、或いは同じ作業の繰り返しににウガーとなったらリーブをする感じが良いと思います
ちなみに私は採掘・園芸それぞれ15回ほどリーブを使いました
それでも結構きつく感じましたので、リーブは温存して採取の経験値だけであげようとするなら覚悟してやった方が良いかもしれません
ギャザラーのリーヴは幾つか種類があるのですが、確認採集と調査採集がオイシイのでおすすめです
毎度の事ながら手順等は他のサイトに詳しいので割愛しますが、1つアドバイス
マーケットでGPを回復する「コーディアル」というアイテムを幾つか購入しておきましょう
これさえあれば、確認・調査リーブで予想以上に失敗してしまったときや、計算ミス等で低確率採集品を採らなければならない事態に陥ってもへっちゃらです ( ̄ー ̄)
ただ、私が買ったときは1つ1kギル程度でしたが、生産できないアイテムなのでサーバーとタイミング次第ではかなり高いかも…

そして、なんか悟れそうになってきた頃、採掘師と園芸師がめでたく目標のLV46になりました v(^∀^*)
なぜLV46かというと、カンストせずともLV46で全ての素材を採れるようになるからです
今後クラフターに必要な素材を取ってる時に経験値が無駄になるのが勿体無いですし、GCへの納入でも経験値が入りますからね
貧乏性w
でもまあ、カンストせずとも問題ないなら敢えて上げる必要は無いかなーと思いますよホント
しいて言えばクラス専用装備を着れないのと「未知の採集場所」でHQ素材を採れないのが難点ですが…
前者はアーマリーチェストの容量的に余裕が無いですし、用意するにしてもどうせなら自作したいところ
後者は、装備が整ったクラフターにとってはNQ素材からで支障が無いため、HQ品だからといってそれ程高値が付くわけでは無いので無問題ですね
因みに私はLV46からほぼGC納入の経験値だけで今LV49です
クラフターと違い、ギャザラーの場合は高レベルになってもマーケットでHQ納入品が安く買えるのでラクチン、ラクチン
軍票もクラフターを上げる際のマニュアル等に活用できますし、カンスト前でGC納入をしてない方はお試しあれ

採掘

てなわけで、クラフターを始める準備は完了
いよいよクラフター開始です

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

古城アムダプール

アムダプールのSSを撮ったら記事をアップするつもりだったのですが、ワンダラーばっかり回っててラチがあかないので、アムダのSSは無しで上げることにw

みんなのうらみ

先日のアップデートで外郭のMOBの挙動と、幾つかのIDの報酬哲学・神話数に調整が入り、ワンダラーパレスの募集が増えましたね
外郭周回は好きではなかったですし、レリック武器を担いでメインクエスト用のIDを回していることにあまり良い感情を持っていなかったので、個人的には良い修正だったと思います
ただ、アムダプールの報酬が据え置かれたため、相対的にワンダラーより効率が悪くなってしまったのはいただけないです
お陰でレリック持ちがこれほど居るのに、CFで行ける最上位のIDであるアムダプールよりワンダラーの募集の方が多い状態です
まあ、ワンダラーはダッシュすると15分くらいで終わるってのもあるんですが
これでは以前の外郭がワンダラーに置き換わっただけで、充分な装備がありながら敢えて下位のIDを周回するという本質的な部分は変わってないですね
メインクエストである外郭よりはマシですけど、アムダプールの報酬の上方修正により更なる改善をお願いしたいところです

さて、真イフリートが終われば次はそのアムダプール
最初は取っつきにくいですが、覚えてしまうとドロップする装備のバリエーションが多くなかなか通い甲斐のあるIDです
ドロップするのはアイテムレベル60の防具とアクセサリで、エンドコンテンツである大迷宮バハムートを除けば、現状における最上位のドロップ装備となります
ただ以前にも書きましたが、アムダプールは装備が細分化していて、タンク用・竜騎士用・モンク用・詩人用・ヒーラー用・キャスター用の6種の防具・アクセサリが出ることになります
そのため全部揃えるには結構運が必要です
例えば、私はアムダプールで哲学の大部分を貯めたので相当周回していることになりますが、キャスター用の頭装備
・腕(アクセサリ)・指輪をまだ一度も見たことがありません
というわけで、アムダプールで装備を集めつつ哲学を貯め、入手出来ない部分からDL装備に置き換えていくのがベターだと思います

攻略は毎度お馴染み他のサイトを見て下さい、ですw
まあアムダプールで引っかかるとしたら第2中ボスのグレートウォール、通称「壁」だけだと思います
規則的に足場の一部がダメージ・デバフ床に変わるので、これをパターン通りに移動して回避しつつ戦闘しなければなりません
イフリートのサラミと似たようなものですが、喰らっても痛く無いので落ち着いて行動出来る分難易度は低いです
リペルの時に正面を向いてないと、タイタンの崖下のように奈落の底に落とされて蘇生も出来なくなりますので、最も気を付けるべきはそこですね
以前であれば「回避はキチンとやれてても火力不足で負け」ということもありましたが、今は初見だけを集めたPT等でなければ恐らく無いでしょう
今やCFでも大抵2人はガルーダ武器かレリック武器を持ってますからね
かつてはずいぶん苦労させられ、まさしく「アムダプールの鬼門」とも言うべき存在だったのですが、今やCFPTでも途中で沸く雑魚を無視できちゃう有り様
ホント、みんな強くなったものです

一応他のボスについても書いておくと…
第1中ボス。通称「イカ」
動画で壁際に引っ張る場所を覚えたらほぼ問題なし。まれに反対側の壁に持って行く人がいるがやることは変わらない
ラスボス、アナンタボガ。通称特になし
カタストロフィーというスキルを使ってきたら石像の影でやり過ごす→ガーゴイルが1体沸くので処理、の繰り返し
後半紫の線が自分に繋がったら、他の人がいない壁際にダッシュ。スプリント使えるなら使って離れる。線が消えたら戦線復帰
これだけ抑えて動画見れば問題ないと思います
なお、道中にサキュバスという雑魚が居て遠方から範囲攻撃を飛ばしてきます。痛いのでちゃんと躱しましょう
召喚・学者の人は、ペットに攻撃が当たると反撃しに突撃して行ってリンク事故を引き起こすので、突撃に行くのが見えたらちゃんとピースで止めましょう
ペットの不始末は飼い主の責任です (`・ω・´)

アムダプールの装備はDLとは1段階しか違いませんので、動きを理解しているDPS・ヒーラー(タンクはやったことがないので?)ならアクセサリを活力マテリダを入れた物にすれば真タイタンまで行ける装備です
前述の通りフルアムダ防具にするのは大変ですのでそこはDLが必要になりますが、フルDLで無ければならないというのはやや大袈裟です
勿論動きを覚えることと、ガルーダ武器を取ってくる必要はありますけどね
アムダ防具は私のように「複数のジョブをやりたいけどDLを用意するのが負担だ」という人にピッタリなのでございます
だからもっとシャウトで募集してもいいのよ?

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

ベヒーモス

槍術士がレベル30になったので竜騎士になるべくクルザスに行った時のこと
ジョブクエストを終えテレポして帰ろうとしたら
「ベヒが出現してるぞ」
というシャウトが目に入ったのでございます
マップを見ると確かにベヒーモスのFATEが出ていますね
どうやら出現した瞬間に同じマップにいるという幸運に恵まれたらしいです
こいつはラッキー!

混雑することに備え画質設定を落とし駆けつけてみると…
いたっ!

ベヒーモス1

ベヒーモス2

ベヒーモス3

ベヒーモス4

設定を落としたのと、まだ人が増えていないのとでベヒーモスがよく見えます
オーディンの経験から、最初からレリック武器限定のPTにでも入らなければどうせ銅評価だろうと思い、序盤はSS撮りに専念していました
設定を落としているので頑張って撮ってもイマイチ綺麗じゃないのが悲しいですが…
人が増えベヒーモスが消える等の支障が出るまでは高画質のままでも良かったかも
そう思った頃には既に人が増えてきていて後の祭。ザンネン
見物に徹してると良く分かるのですが、動きのあちらこちらがモンスターハンターのジンオウガに似てますw
パクr…もとい、オマージュ或いはリスペクトしているのでしょうかね

ベヒーモス5

ベヒーモスのFATEは2連続クエストになっていて、HPが半分ほどになると移動し後半のFATEが始まります
前半はソロで少なからずの時間SS撮りをしていたので予想通り銅評価でしたが、後半戦は金評価を狙ってみようと思い、レリック武器限定PTに参加させて貰いました
後半戦ともなると情報が出回り他のマップからも駆けつけてきたプレイヤーもかなり居て、ベヒーモスから離れると消えてしまいます
そこで、近接のようにへばり付いて攻撃が来たら離れる、といった戦い方をしてみました
ベヒーモスはそれほど攻撃テンポが早くないので、範囲を見落とさなければそうそう被弾はしません
たまに被弾したらちょっと離れて自分のフィジクで直してまた戦線復帰、といった程度でした
ただ、幾つか範囲が表示されない(負荷高すぎて表示されなかっただけ?)攻撃もあって、その内の1つでHP1にされてしまいました
偶然1残ったというよりは「HPを1にする攻撃」だと思いますが、少しびっくりしましたね
死にそうになったのはその1回くらいで、北ザナラーンで人が少な目の時にゴーキマイラを討伐したときより楽に感じたくらいですよ
正確に時間を見ていたわけではないのですが、ベヒーモスが出現したというシャウトから20分前後で討伐完了したと思います
戦いは数だよ兄貴!

で、気になる評価ですが・・・
無事金評価を取れました!
特殊なトークンである「ベヒーモスの角」も5つゲット
これはレブナンツトールのNPC(哲学・神話交換NPCと同じ所にいる3人組の1人)の所で特殊な装備に替えて貰えます
まあ、性能的には無価値ですので、主に見た目用の装備ですね
なので、私はいずれ実装するという装備外見を替える機能が来るまで交換せずに取っておくことにしました
というか、インベントリがいっぱいいっぱいで物増やしたくないです;
こういうところで苦労するのって嫌いなんですよ、私
インベントリ増やして貰えないもんですかねースクエニさん?

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

真イフリート

ワンダラーで装備を整えたら、次はいよいよ真イフリート
メインクストでも登場した蛮神達と再度戦うことになるワケですね
ステージ開始時に表示される英語のタイトルはイフリート・ハードでして、まあ要するにハードモードです
攻略に関しては毎度のことながら動画や他のサイトを参照してくださいw
真蛮神の最初とあってそれほど難易度は高くありませんが、腐っても蛮神、被弾したらサクッと死にます
1つコツを書くとしたら、通称「サラミ(サラミの断面みたいだから)」と呼ばれる光の柱は順番範囲が決まっているので、これを完璧に把握してしまうことです
そうすれば余裕ができ落ち着いて行動できます
イフリートというととかくエラプーションに注意が行きがちですが、パターンを覚えてしまえば無いに等しいサラミこそまず押さえるべきポイントです
途中までは「やや中心よりにいて、外サラミが来たら外周に移動、中サラミが来たらまた中心よりに移動」と前もって行動すればおk
途中からは殆どの範囲を埋め尽くすパターンが追加され最初はパニクりますが、イフの足元に安置があると決まっているので、「最初は真ん中、外周、そしてイフのケツのあたり」と移動先が1つ追加されるだけだったりします
文章じゃ分かりにくいですが、この点に着目して動画を見たらすぐ分かりますよ
あ、大事なことを忘れてた

召喚・黒魔の場合、LB(リミットブレイク)を任される可能性が高いので必ず使い方を覚えておくように!

他に召喚・黒魔がいなければ何も言われなくてもやらなければなりませんので、FATEPTなどで使わせて貰って練習しておくのが良いと思います
ちなみに、私は初挑戦の戦闘中いきなり「LBお願いします」と言われ、使い方が分からず全滅させましたw
私の二の舞にならぬように;
まあ、アクションからホットバーに入れてクリックするだけですけどね
後はシャドーフレアやフリーズのような設置型スキルと同じ
でも私のように初めての挑戦で他にいない可能性もあるわけで、いくら設置型スキルと扱いが同じとはいえ、ぶっつけ本番はあまりオススメしません

メインクストのイージーでは倒しても何もドロップはありませんでしたが、ハードではアイテムレベル60の武器が出ます
基本的に真イフリートはアムダプールで役に立つコイツが目当てなのですが、8人PTのステージなのに1個しか落としやがりません
ええ、ナイト・戦士・モンク・竜騎士・詩人・黒魔・召喚・白魔・学者の9ジョブの中からどれかランダムで1つだけです
運良く自分のジョブの武器が出ても同ジョブの人が居れば当然ロット勝負
まあそれでもマゾいゲームに比べたら余裕の確率ではありますが、DPSジョブだとマッチングするまで30分以上掛かる上にクリアできない事もある(今は殆ど無いかも)ので、ちょっと運が悪いとかなりの時間を費やすことになります
なので、ドツボに嵌まっていると自覚したときはアムダプールにさっさと進んでしまう方が良いと思います
その場合、ワンダラーで出る武器か、レリック武器素材でもあるクラフター製アイテムレベル55武器のHQ(ハイクオリティー)が必要になります
運が絡む前者はともかく、後者は大して高くない上にいずれレリック武器クエストで使う(クエスト用としてだけならHQである必要はない)ので、アムダ用に買うよりワンダラーに挑む段階でさっさと買って使い倒すのが良いかもしれません

実のところワンダラーの武器やクラフター製55HQとイフリートの武器とはそこまで差はありません
私もそうでしたが、性能に期待していると入手したときに肩すかしを食らった気分になる、その程度の差です
エンドコンテンツではこの僅かな差が大きいわけですし、だからこそ蛮神武器やレリック武器を目指す人が多いのですが…
ぶっちゃけアムダプールってそこまでの難易度じゃ無いんですよね
いや、それは語弊があるか
難しいには難しいのですが、その難しさと言うのが「戦い方を知ってるか知らないか」という性質のものなんです
特に2番目のボス、通称「壁」はそうです
良い武器を持ってても、タイタン戦のように蘇生も出来ない崖下に転落させられたらそれまでです
ラスボスにしても、「全体攻撃が来るときにキチンと安全地帯に隠れる。紫の線が出たらPTメンバーから離れる」の2点ができれば概ねおk(勿論細かい注意は他にもありますが)
まして今は装備水準が上がっていて他のPTメンバーの火力が大抵高いですから、この段階でイフリート武器にあまり拘りすぎると損です
もっとも、シャウト募集PTなどではイフリート武器以上などと制限を掛けられることも多いですし、真ガルーダ(僅かな火力差が明暗を分けかねない)に挑むには用意しておきたい武器ですので、アムダプール等を回りつつ継続してトライし続けるのがベターでしょう
なお、ある程度立ち回りに自信が持てたらジョブ被り無しのシャウト募集に乗る方が良いと思いますよ

イフ武器召喚

イフ武器黒魔

因みに私は召喚の武器は3回目のクリアで、黒魔の武器は15回くらいで入手しました
個人的には渋いのが好きなので、武器が光るエフェクトは嫌いです
むしろ少しさびたような、年季の入った武器とかが欲しいんですけどね・・・

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

オーディン

黒衣森南部地方(クォーリーミルがあるマップ)には数日毎にランダムなタイミング・場所で発生する特別なFATEがあります
それがオーディン討伐です (´∀`)
他のゲームでいえばワールドボスとかそんな感じです
そんないつ起こるか分からないビッグイベントなのに「システムアナウンスが無い」というアホな仕様のため、FC(他ゲーでいうギルド)・LS(他ゲーでいうチャットチャンネル)等から情報でも貰わない限り、発生したことすらなかなか知ることが出来ません
つまり、どっちにも入っていない私の場合、偶然居合わせでもしない限り会えない訳です
ところが!
先日PTでFATEをやっていたときに、メンバーの1人がオーディンの出現情報を耳にしたらしく、みんなで行ってみますか?って流れになったのでございますよ
勿論1も2も無く賛成し、早速クォーリーミルにテレポしてみると、SSでは分かりにくいですが小さな光の玉のようなものが空中に舞っていました

オーディン出現時の天候

どうやらこれが噂に聞く「オーディン出現時の特別な天候」ってやつらしいですね
深夜だというのにオーディン討伐のPT募集シャウトがどんどん流れていて、相当な数のプレイヤーが集まっているのが分かります

オーディンは蛮神クラスの強さと馬鹿げた程のHPを持っていますので、多くのプレイヤーがいてもちょっとやそっとの時間では倒せません
一方、金評価だと?特殊なトークンが貰え、モードゥナにいるNPCで特別な装備に換えることが出来るとあって人気があります
それが数日に1回、それもランダムな時間にしか沸かないワケですから、当然大量のプレイヤーが押し寄せます
ゴールデンタイムのスヴァラ(クルザス地方のドラゴン討伐FATEのボス)も目じゃない混みっぷり;
PS3はおろか、相当にハイスペックなPCでも表示されないと聞いていたのでグラフィックの設定を落としていきましたが正解でした
それでも大量のスキルエフェクトのせいで何がなんだか分からなかったですがねw
そもそもオーディンはプレイヤーキャラと大差ないサイズというのですから、はっきり見える方がレアかもしれません
死ぬのを承知で無理矢理近づいてSSを撮ってみましたが、結局下のびみょーにそれらしき人影が写っているのが一番鮮明なものでした。無念

オーディン1

オーディン2

SSを撮り終え、取り敢えずロックオンしてみると残りHPは3割ほど。もう終盤ですね
ロックオンにより表示される情報とかろうじて表示される敵の範囲攻撃のサークルだけを頼りにひたすら魔法を打ち込むこと十数分
特に何事もなく討伐完了
まあ、近接の方はそれはもうバタバタと死んでいってましたけどねw
この辺はスヴァラなんかといっしょで、良くも悪くも遠距離ジョブと言ったところです
因みに、オーディンの正体は前回とどめを刺したプレイヤーの外見なんだそうな
残念ながら確認は出来ませんでしたが、確かにそんな感じのメッセージは出てましたよ
で、評価は…

銅!
報酬は10ギルと軍票約20!
交換用のアイテムは無し!

…いくら駆けつけたのが終盤とは言え、PT組んでるのに銅ってのはちょっと酷くないですか?
100歩譲って銅は構わないとしても、交換用アイテム無しって;
どおりでレリック武器(真蛮神を全て討伐+αで入手出来る強力な武器)指定のPT募集シャウトが多かったわけです
でも、こういうお祭りみたいなのは参加した限りは貰えるようにして欲しかったな
どうせ1回じゃ必要数貯められないんですから、また次も挑戦しようって思えるようにした方が良いと思うんですけどねー
とは言え、チャンスは無いだろうと思っていたオーディン討伐に思いもかけず参加出来ただけでもめっけものです
少なくともお祭り騒ぎっぽい雰囲気は楽しめましたから

さて、ご存知の方も多いとは思いますが、オーディンのようなMOBは他にもう1体います
クルザス地方に出現するベヒーモスです
サブクエストに関連したものがあるので、やったことがある方は聞き覚えがあるかもしれませんね
そちらはオーディンと違い巨大なMOBと聞いていますので、今度はそちらにトライしてみたいところです
もっとも、オーディンに比べると出現したという話を聞かないので、オーディンより更にレアなのかもしれません
なので、期待は出来なそうです ┐(´д`)┌

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

ワンダラーパレス

メインクエストをクリアすると、一般的なMMORPGのカンスト後と同様、IDを周回して装備を整えては更に難易度の高いコンテンツに挑戦していくようになります
その最初のステージとなるのが学者のジョブクエストの舞台にもなったワンダラーパレスです (´∀`)

ワンダラーパレス1

ここはジョブクエストで貰えるAF装備でも十分挑めるようになっており、ギミックを理解する必要はあるものの難易度そのものは低めで、しかも比較的短時間で終わるようになっています
個人的には気楽に楽しめる、かなりバランスの良いIDだと思います
もっとも、最近はメインクエストの「外郭カストルム」で哲学と呼ばれるトークン(この場合は通貨、ポイントの意)を集め、DL(ダークライトの略)防具に交換して一気にジャンプしてしまうのが流行っていてイマイチ人気がありませんが…

*少々ややこしいですが、武器と盾でDL装備と言った場合はワンダラーでドロップする装備を指します

幸か不幸か、私がワンダラーに挑むようになったのは丁度マラソン(雑魚を無視してボスに直行する手法)が修正される直前で、まだ外郭周回の風潮はなかったんですよね
お陰で多少苦労はしたものの、装備がだんだん揃っていくのを楽しめました (*´∀`)b
と言っても、ライトプレイヤー気味な私でも2日で全部揃ったんですけどね
なんせ周回数にして8周ですからw
その内半分はマラソンでしたのでホントあっという間
当時は哲学目当てで周回する人が多く、そういう人は装備をスルーする(同じ物は2つ持てないため強制Pass)ので、本来は最低でもヒーラーと競合するところがソーサラー向け(Need出来るもの)ならほぼ確実に自分の物になりましたからねー

ウォーロックシリーズ

これがソーサラー用のワンダラー防具、ウォーロックシリーズです
しばらく前に撮ったので定かではありませんが、武器は別なものだった気がします
焦げ茶色の落ち着いた雰囲気は中々ですが、ヒョウ柄が些か下品でぶち壊しですなw

前述したように最近はいきなりDL装備を目指す人が少なくないですが、このワンダラー装備はなかなか使い勝手が良いんですよ
この次のアムダプールの装備からはヒーラーとキャスターで装備が分化していて、ヒーラーに使い回せる最上位のID産装備がワンダラー装備になります
ですから、召喚士カンスト≒学者カンストである巴術士系なら取っておいて損はありません
また、アムダプールはただでさえ装備が分化してドロップ候補が多い上に、これまた分化したアクセサリーまで出るため、目当ての装備がドロップする確率はかなーり低いです
実際私はまだアムダプールのキャスター用頭装備を見たことすらないですから (ーдー;)
その点ワンダラーのドロップ率は概ね(タンク用の盾はかなりレアらしいです)良好で、それでいてAFが胴体以外レベル45の物であるため換装するとかなりステータスが上がります
そして、武器と防具がワンダラー装備なら次のIDであるアムダプールや真イフリート討伐にも行けます
ああ、たまに最低DL○箇所とか言ってる人いますけどね、あれはある程度効率を追求した周回PTの話か大袈裟なだけです
流石にオールAFとかだとヒーラーの方が気を使うかもしれませんがw
なんにせよ、外郭周回は哲学を集めるのに手っ取り早いのでいずれはやるとしても、ワンダラー装備をある程度揃えてからの方が良いと思いますよ
他のPTメンバーが口にするかは別として、外郭周回は時間短縮のためにやや強引な戦い方をするので、ぶっちゃけAFで行っても足引っ張っちゃいますからね

ワンダラーの攻略は…まあ適当にブログなり動画を検索して下さいw
強いて言うなら、「PCプレイヤーはラスボスをフォーカスターゲットすると常時バフ状態を確認できて楽」くらいでしょうか
PS3だとフォーカスターゲットの機能がなくてこの方法は無理らしいです

ワンダラーパレス2

他にこれだけ沢山の攻略記事や動画がある中今更書くようなことはないですね
なんならPTメンバーの経験者なりに説明させてもおkですよ
私も初見の方に説明したことがありますが、ワンダラーパレスとアムダプールはその場で説明して何とかなる範疇ですから
せっかくのネトゲ、それくらいの意志疎通はあっても罰は当たりますまい
ついでに言っておくと、真イフリートや真ガルーダといった辺りになると、チャットだけで説明するのは少々困難・・・というか無理です
ある程度の予習をしてきた方に+αのアドバイスをすることは出来るんですがね
なので、色々主義主張はあると思いますが、個人的にはその辺からは予習した方がベターかなと思います

まあ「外郭周回で装備を整えてからワンダラーに」などと考えている方がいたら、取り敢えずAFで特攻してみることをお勧めしますよ
なに、外郭周回が流行る前はみんな当たり前にやってたことです
慎重に過ぎるのはイクナイ (*`^´)=3

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

アディショナルクラス鍛錬

呪術士をレベル15から上げ始めたわけですが、ブリザラが便利過ぎてあっという間に迅速魔を覚えましたw
FATEにおいては恐らくブリザラが最強ですね ( ̄ー ̄)

ブリザラ無双

タンク以外のフラッシュは死亡率が高いですし、白魔道士のホーリーや詩人の範囲スキル(名前は分からない)も強力ですが、使い始められるレベルを考えたらブリザラに軍配が上がるでしょう
すぐに金評価分稼げるので途中でさっさと次のFATEに向かったり、乗り遅れたFATEでも金評価を取れたりとそれはもう快適なもんです
使い方もシンプルで雑魚の群れの中に突入して、或いは敵が沸く場所でひたすら連打連打連打
一見フルボッコにされてすぐ死にそうに見えますが、フラッシュ(範囲タウント。ヘイト稼ぎスキル)を連打している人もいるので案外平気です
まあ足元に範囲攻撃が来たら避けるくらいはした方が良いでしょうけどね

で、呪術士はレベル30でいったん止め、次は弓術士です
召喚士のアディショナルスキルとしては取り敢えずレベル4の猛者の撃だけで良いかなと思いましたが、せっかく呪術士がレベル30ですから黒魔道士の条件でもあるレベル15を目標とします
僅かレベル15迄なのにこれはキツかった ヽ(;´Д`)ノ
ファイター系に不慣れという事もあるのでしょうが、呪術士がやたら楽だった分、余計に大変に感じましたね
とにかくスキルを連射するので指が疲れましたよ
連射マクロが規約違反で使えないというのは良いとして、だったらトグル式の自動連射スキルにするわけにはいかなかったんですかねー
腱鞘炎になりそうなこの連打っぷりがゲームに不可欠な要素とも思え無いんですが…
まあ範囲スキルを覚えたらFATEや素材狩りでは頭一つ抜けた存在になるようなのでそれまでの辛抱でしょう
因みに、クエストの報酬でサブリガ貰いました!

初サブリガ

新生では初サブリガにございます
う~む、やはりサブリガは格闘士で履いてこそな気がしますな
なお、お尻から太ももにかけての肉付きはもう少しあった方が(以下略)

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

メインクエストクリア、そして呪術士に

ジョブ専用装備を入手してほどなくメインクエストをクリアしました (^o^)
FF程のメジャータイトルともなれば、ネタバレとか気にする方もそれなりにいると思うので内容は書きませんが、正直な所、「FFといえどネトゲならストーリーはこんなもんかな」って感じです
旧FF14は本格的なストーリーが始まった辺りで止めてしまいましたので、私がFFのナンバリングをまともにやったのはFF10-2以来になります
10-2はストーリーに関して全く感心出来ず、ボリュームにも欠けていて、「10の蛇足拡張パック」というのが私の評価でしたが、FF14はそれにも及びませんね
まあ、どだいオフゲとネトゲを比較することがナンセンスなんですが…
でもFFのナンバリングとなると同列で見ちゃうんですよ、古いFFプレイヤーってのはw
プロデューサーもインタビューで「ナンバリングタイトル1本分」とかそんな事言って言ってましたしね

メインクエ02

そんな駄目駄目ストーリーですが、ネトゲとしてはより重要なクエスト内容、IDやボスといった要素の方はまあまあ良かったです
特に8人のフルPTが続く終盤は、ギミックやボスの挙動に様々な趣向が凝らされていながら難易度が抑えられており、多くのプレイヤーがクリアできるバランスに調整されていて好感を持ちました
ただ、8人PTであるが故にマッチングまでの時間がかなり長く、また、クエスト1つで2時間近く掛かるものまでありました
前者はどのゲームでも抱えてるタンク・ヒーラー不足が原因でしょうから仕方がないとしても、後者は2クエストに分割するなりすれば良かったんじゃないかと感じましたね
特に最後のクエストは長く、待ち時間を合わせると3時間以上も掛かりましたよ ┐('~`;)┌
しかも制限時間ぎりぎりで、最後の敵なんかは敵より残り時間のカウントダウンの方を見てたくらいです;
倒したときの達成感は基本的にそれまでの苦労に比例しますが、それも度を過ぎると疲労感しかもたらしませんからね
エンドコンテンツならともかく、メインクエストである以上もう少し軽めに調整した方がより良くなると思いますね

メインクエ01

さて、取り敢えずメインクエストクリアという目標は達成したので次の目標ですが、レベル50のIDで装備集め…の前にアディショナルクラスのスキルを取らないとまずいですね
召喚士の場合は呪術士と弓術士がアディショナルクラス(サブクラス、一部のスキルが使えるクラス)なのですが、一直線で進んできたためそちらを疎かにしてきちゃいましたから
なんせ巴術士系では必須とも言うべき呪術士の「迅速魔」すら取ってない有様で、呪術士は召喚士になるのに必要最低限のレベル15、弓術士に至ってはレベル0、全くやってませんw
これでは更に高位のIDになど行くわけにはいきませんね

というわけで、呪術士育成スタート!

メインクエ03

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

肉球ぷに夫

Author:肉球ぷに夫
ゲームが好きだがあまり時間がとれない!
そんな社会人ゲーマーの1人
現在はFF14(Fenrir鯖) EVEonlineをプレイ中

2011年1月9日復元
最新記事
カテゴリ
  • このブログ&私について (4)
  • 新生FF14の雑記 (20)
  • EVE Onlineの雑記 (114)
  • MSGOの雑記 (1)
  • FF14の雑記 (120)
  • PSO2の雑記 (4)
  • TERAの雑記 (21)
  • MHP3の雑記 (21)
  • その他の雑記 (30)
  • 非表示 (37)
  • RSSリンクの表示
    最新コメント
    FF14のブログ
    フェンリル(Fenrir)鯖のブログ
    ゲーム関係のリンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。