スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF14復帰しました

FF14をパッチ2.2間もなくの頃に休止してから、WoT、DQ10とやり、それ以降しばらくネトゲから離れておりました
ところが2週間ほど前、何故か唐突にFF14に復帰してみようって思い立ちまして、再びエオルゼアに帰って来た次第
よろしく_(._.)_

さて、2週間ほど前と言えばパッチ3.4直前
偶然ながら、かなりナイスタイミングな復帰となりましたね
まあシステムも操作もスキルもまるっと忘れていましたし、ストーリーもまだ2.2で止まっているので大半が当分縁の無い内容ですが…

アパルトメントの実装!

これですよ
既存のプレイヤーの方からすると、とっくに戸建てを持ってて倉庫くらいにしかならないのでしょうが、個人宅が無い時代から復帰した身には隔世の感がありますね
もっとも、正直いうと、とっくに新規でも購入出来るような廉価版ハウジングが実装済みだと思ってましたけどw
ともあれ、所持金の殆どは飛んだものの、ついに我が家を手にいたのでございますヽ(^。^)丿

宿屋より狭いけどな!

アパルトメント外観

外観は実に美しいリムサのアパルトメントですが・・・

自室01

懐事情により実に殺風景である。愛蔵品チェストすら買ってないw
ハウジングセンスは無いし、あまり凝る方でもないのだが、流石にもうちょっと何とかしたいところ
スポンサーサイト

木工レベル上げメモ

木工をカンストさせるまでのちょっとしたメモ…の前に、クラフターのレベル上げ全てに言えることを書いておきます

・装備が良いほど効率的に経験値が稼げるため、可能な限りHQ装備を用意しましょう。特に防具は全てのクラフターで使い回せるので頑張りたいところ
数は少ないですがGC装備も有るので要チェック
・経験値ボーナスが乗るのでレベリングのための生産は可能な限り品質を上げること
装備をなるべくよくするのはこのためです
・LV30以降のアクセサリ、特にミスリルアクセはマテリア化する価値あり。生産系マテリラの値段と装備の値段を見て判断を。30未満のマテリア化はほぼ価値無し
マテリア化に拘って低レベル道具を引っ張るのもあまり価値無し。ただ、後ちょっとという場合は、適当な中間素材を簡易生産すると良いでしょう
・軍票に余裕が有る場合はエンジニアマニュアル(経験値ブーストアイテム)を使います
・基本的に常時ドライボーンでNPCが売っている「ストーンスープ」を飲みます
マーケットで高く買ってはいけませんw
・リーヴにはいくつか種類がありますが、LV20からある大口依頼は「追加納入」する事で3回分の経験値が貰えます
そのため「リーヴ権効率」が良いです。しかし、「金銭効率」は基本的に最悪です;
ギルは頑張れば稼げます(一部金策しながら上げることも出来る)が、リーヴ権はリアル時間による回復ですので、この辺は懐具合・リーヴ権の数と相談
*2.1パッチで大口に変更が入るので変わるかも
・ある程度自給自足は諦める
全クラフターをカンストさせるまでにシャードだけでも万単位で使います。いかに金を掛けないかより、いかにレベリングを儲けにつなげるかを考えた方がベター
私は材料もシャードも殆ど買いましたが何とかなりました。ただ、相場に左右されるのでその辺は状況に合わせて工夫を
・低レベル生産品はNPC売りの素材で作れるものばかりなので手帳をどんどん埋める
意外なものもNPC売りされているので、販売品一覧をぐぐって目を通しておくと良いでしょう
スマホユーザーなら公式アプリで簡単に調べられます。ただし、レシピ一覧すらない出来損ないアプリですがw
・LV5毎にアディショナルスキル枠が増えるので忘れずにセット
LV20、25くらいまでは枠が厳しいので作るものによって入れ替える


では私が木工を上げた道のりです
メープル材→アッシュ材と店売り素材でレベルを上げつつ手帳を埋めていきます
メープル材もアッシュ材もNPC売りされているので頑張って量産する価値はないです
次のエルム材は材料の原木がNPC売りされてないのでマーケットで買うなり園芸で伐採してきます
エルム材もシャード代にもならない値段で捨て値されていると思うので作りすぎると損です

LV22辺りからユー材を作り始めます
HQの原木を買うなりしてでもなるべくHQで仕上げましょう
LV25辺りからクォーリーミルで「LV25大口依頼 義勇兵向けの幻具 」をこなします
納入品のユークルークは先に作ったユー材とギルドにいるNPCが売っている「百獣の血」だけで生産できてお手軽。ユー材HQを使いHQを狙います
スキル的にHQ安定というわけにはいかないと思うので、多少勿体ないですがNQも納入しちゃいましょう
ユー材が足りなくなったら自作するかマーケットで購入。需要が高いものではないので、材の状態でも多分高くはないと思います
LV31で主・副道具が更新されるまでこれで行きます

この辺の中レベル帯ですが、出品が手薄な事もあり、HQで仕上げれば結構儲かる生産品があります
経験値にもなりますし、せっかくクラフターを上げているのですからちょこちょこ生産して出品してみましょう
ちなみに私の時は槍が良い値で売れましたよ
ただし、欲張って大量生産はNG!
既に需要が低下してますので、不良在庫になる可能性も高い (つД`)

LV31になったら…
ここからはもうラストスパートへの準備になります
いよいよカンストまでお世話になるウォルナット材の加工に取り掛かるのですが、ウォルナット原木をかなり大量に使うことになります
600本(内200本は出来ればHQ)くらいは欲しいです
ええ、ろっぴゃくです。しかも多分高いです;
ほかの材料はともかく、ウォルナット原木だけは可能な限り自分で伐採してくるのをお勧めしますね
あと、ウォルナット材HQは安定して良い値で売れますので、懐に余裕がない場合は作りまくって余剰分を売ると経験値を稼ぎつつ金が稼げてグッド
中間素材は耐久が40しかなく、ビエルゴが無い状態ではどうしてもHQが安定しません
そこで、作り始めの頃はHQの原木を1、2本混ぜるようにしましょう
後はひたすら作り続けます。間違ってもウォルナット材納入の大口に使ってはいけません
もう一度言います。ウォルナット材納入の大口は罠です

HQが150個ほど貯まる頃には恐らくLV40付近か超えているでしょう
ここまで頑張れば後はもうラストスパート!
グリダニアで「LV35大口依頼 古式ゆかしい木剣」をこなしまくります。LV30の調達リーヴと間違えないでください
納入するウォルナットマクアフティル、通称「羽子板」は、苦労して作ったウォルナット材と恐らく捨て値で売られている「飛竜黒曜石」2つ
初めはウォルナット材HQを使い、レベルが上がっていきNQからでも問題なくなったらNQに切り替えます
余ったHQは売却。相場次第では結構儲かります ( ̄ー ̄)
このリーヴはHQで追加納入まですると経験値20万ほどになります
一番経験値が必要なLV49→50ですら経験値50万少々なので、なんと3回で終わっちゃいます!
45からはマホガニー材を勧めているサイトも多いですが、耐久40でHQにしにくいことと、羽子板が9個の納入で済むのに対し15個納入しなければならない点からこちらで突っ走った方が楽だと思います

カンストし、LV50のクラスクエを完了すると…

50青のこぎり

このヘンテコな鋸が貰えますw
形は変ですが最高スペックの主道具です
クラス専用装備も披露したいところですが…自作したいと思っているのでまだありません (ノω` )

パトリシアン

その代わりに買ったのがSSの全クラフター共用のパトリシアンシリーズです
コーティー系特有の寄せて上げているデザインで愛好家?がいるようですw
私はオイルとペンキに汚れたつなぎかトビのような、いかにもなデザインの方が好みなんですがね
まあその辺は全クラフターをカンストさせAFを自作するのを楽しみにしておきますか

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

クラフター開始

ギャザラーに一区切りをつけいよいよクラフター開始
思えば、どちらかと言えば生産好きな私としては、ここまで生産を放置して進めたゲームは珍しいですな
さて、クラフターを始めるにあたり色々調べてみたところFF14の生産では有用なスキルを習得するのが大事なようですね
とは言っても、経験ゼロの状態でスキル一覧を見てもどのスキルがどう役にたつのかイメージが出来ません
そこで、何はともあれまずは少しやってみようかと思ったワケです

私が最初のクラフターとして選択したのは裁縫です
色々装備が作れそうですし、旧版でも面白かった記憶がありましたので
早速ウルダハの裁縫ギルドの受付に話し掛けて修行開始
ギルドマスターのセリフ等からすると、新生でもモコ草から草糸を紡いでレベリングを始めるのは変わってないようですね
なんか懐かしいな (*´ω`*)

裁縫ギルド

戦闘クラスでも序盤は手帳埋めが効果的でしたので、製作手帳を埋めていきます
作った物の値段をマーケットで見てみると…二束三文なのでNPCに売却
まあ、予想通りですがちょっと残念
序盤の物は材料が殆どNPCで買えるのでどんどん埋めていきます
戦闘クラスの手帳とは違い、1回作れば埋まって行くのでラクチン
そんなこんなしてるとレベルが上がり、スキルが増え、何となくですが生産システムが掴めてきました

そこでもう一度あれこれサイトを巡り、大雑把なこれからの育成プランを立ててみます
まず、現在の仕様では木工LV50のスキル「ビエルゴの祝福」が最重要スキルのようなので、これを最優先目標にします
ただ、曲がりなりにも1クラスカンストさせるわけですから、下準備が必要です
攻略サイトや某巨大掲示板によると、取り敢えず甲冑以外LV15にするのが定番のようです
が、スキルの効果をみる限りそこまでしなくても良さそうに感じたので、
裁縫LV15スキル「模範作業」
調理LV15スキル「ヘイスティタッチ」
革細工LV15スキル「倹約」
調理LV37スキル「ステディハンド2」
の4スキルのみ取って木工カンストを目指すことにしました
実際これで必要十分だったのですが、保管しておく装備数を減らすという観点からすると、スキルの有用性は置いといて一通りLV15にしてしまうのも良いとおもいます
逆に、グランドカンパニー(GC)の納入数を楽に稼ぎたい場合は、必要最小限のクラスのみ上げ、他のクラスはなるべく低レベルのままにしておく方が良いでしょう
そこら辺は何を優先するかで変わって来ます
いずれにしても、少なくとも前述したスキルは習得しておく方がベターです
これらのスキルと「ビエルゴの祝福」が揃うと、以降のレベリング難易度が2段下がると言っても過言ではありません
加えて、ハイクオリティ(HQ)の生産品を安定して作れるようになるため金策もしやすくなります

前述のスキルはどの順でとっても大差はないと思いますが、まず「模範作業」があると何手で完成するか確定するため、品質を上げるのに費やせる耐久が確定出来ます
作業の手数が確定したら今度はいかに品質を上げるかなのですが、最序盤だとCPを増やせるアクセサリが殆ど装備出来ないため、耐久は余ってるのにCPが無くて何も出来ない場面が多くあります
そこで役に立つのが「ヘイスティタッチ」です。コレが有れば耐久の許す限り品質を上げられます
が、ヘイスティタッチは成功率が低いため手数を増やす必要があります。下手な鉄砲もなんとやら
そのために役に立つのが「倹約」です。これでヘイスティタッチを2回多く使えるようになります
ここまでである程度は形になるのですが、ヘイスティタッチはもとより「加工」も失敗する事があり不安定感が拭えません
そこで「ステディハンド2」を目指します
このスキルをもってしてもヘイスティタッチは80%止まりですが、加工は100%になり、生産品がHQになる率がグッと向上するでしょう
また、品質向上回数によりボーナスが乗る「ビエルゴの祝福」にとって欠かせないスキルでもあります
ここまで揃えれば下準備としては十分です
勿論あったらいいスキルはまだありますが、ビエルゴの祝福の習得を遅らせてまで取ることはないと思います
それほど強力で有用なスキルですよ、ビエルゴは ( ̄ー ̄)
今からクラフターを始めるそこのあなた、まだ木工をカンストさせてないそこのあなた

君もビエルゴ神のテンパートにならないか m9(゚д゚)っ?

クラフター開始

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

肉球ぷに夫

Author:肉球ぷに夫
ゲームが好きだがあまり時間がとれない!
そんな社会人ゲーマーの1人
現在はFF14(Fenrir鯖) EVEonlineをプレイ中

2011年1月9日復元
最新記事
カテゴリ
  • このブログ&私について (4)
  • 新生FF14の雑記 (20)
  • EVE Onlineの雑記 (114)
  • MSGOの雑記 (1)
  • FF14の雑記 (120)
  • PSO2の雑記 (4)
  • TERAの雑記 (21)
  • MHP3の雑記 (21)
  • その他の雑記 (30)
  • 非表示 (37)
  • RSSリンクの表示
    最新コメント
    FF14のブログ
    フェンリル(Fenrir)鯖のブログ
    ゲーム関係のリンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。